初めてのRailsのUnitTest

AWDwR本のテストの章を読みつつ、UnitTestを実装。今まで「UnitTestを勉強するためのUnitTest」しか書いたことがなかったので、実際に自分が作りたいアプリでの実装は新鮮。自然と「このテストもやっておいた方がいいかな?」と考える。
現在のテストのCoverageはこんな感じ

C:\work\RoR\higureason>rake stats
(in C:/work/RoR/higureason)
+----------------------+-------+-------+---------+---------+-----+-------+
| Name                 | Lines |   LOC | Classes | Methods | M/C | LOC/M |
+----------------------+-------+-------+---------+---------+-----+-------+
| Helpers              |     7 |     6 |       0 |       0 |   0 |     0 |
| Controllers          |   263 |   196 |       3 |      21 |   7 |     7 |
| Components           |     0 |     0 |       0 |       0 |   0 |     0 |
|   Functional tests   |   146 |   105 |       4 |      16 |   4 |     4 |
| Models               |   260 |   212 |      10 |      25 |   2 |     6 |
|   Unit tests         |   209 |   158 |       8 |      25 |   3 |     4 |
| Libraries            |     0 |     0 |       0 |       0 |   0 |     0 |
|   Integration tests  |     0 |     0 |       0 |       0 |   0 |     0 |
+----------------------+-------+-------+---------+---------+-----+-------+
| Total                |   885 |   677 |      25 |      87 |   3 |     5 |
+----------------------+-------+-------+---------+---------+-----+-------+
Code LOC: 414     Test LOC: 263     Code to Test Ratio: 1:0.6

“Code to Test Ratio”がテスト達成率。60%と出てますが、絶対そんなに終わってません。行数を調べているだけのようなので、目安程度ですね。もっとちゃんとした統計情報と取るにはRuby Coverageというツールがあるそうで。

gem install coverage

でインストールし

ruby -rcoverage unit_test.rb

で統計情報が出るらしい。RadRailsから呼べるように出来るといいんだけど、今日は時間切れ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする