Little Non ライヴレポ 2006.05.20

原宿ルイードで行われたLittle Nonのライヴに行ってきました。


体調が悪かったため、開演ギリギリに到着し、後ろの方で観戦しました。来場者数は前回のワンマンより多かったのではないかと思います。
開演前にムービーで諸注意が流れたのですが、その際にオタ芸についてのアナウンスがありました。「オタ芸をやりたいひとは後ろでやるように」という内容でした。今まで2chのLittle Nonスレでさんざん議論されてきたのですが、ファンの間で「どういう形が正しい」と言い合っても泥沼だったため、公式からガイドラインが示されたのは非常に有意義です。オタ芸の人たちもそれに従って後ろの方で勤しんでいたのですが、アンコールの最後の曲の途中で、他の観客を押しのけ、最前列に殺到するという行為を行いました。その後、サビの部分は元いた場所に戻り、オタ芸を再開。「オタ芸をやるときは後ろでやっているからいいじゃないか」ということなのでしょうか。自分としては、オタ芸をやるための対価として前列での観戦を諦めてください、ということだと思うのです。最後の曲で、オタ芸と合わないギターパートだからといって、そういう行動に出るのは、とても稚拙な考えだと思います。
諸注意ムービーが終わったあとにいよいよライヴ開始です。メンバーの最初の衣装は桃色夜行列車のプロモーション衣装でした。
1.「桃色夜行列車」
2.「おねえさまへ…」
MC ノゾミさん
「日頃のストレスやうっぷんを晴らしていってください」
3.「百合色」
4.「チュピ?チュパ」
5.「赤い自転車」
MC ノゾミさん
「昨日、髪の毛を切りました
 おっぱいのあたりまで・・・
 今の無しで!
 巻き戻します!!
 胸のあたりまでーーー!」
6.「まだまだ眠れない夜」
聞き違いかも知れませんが、歌詞が自主制作CD版と変わっていました。サビのリピートの部部なのですが、
自主制作CD版

昨日の涙の理由(わけ)に 気づいて欲しいなんてね

ライヴ版

明日のあなたのために 今 自分が出来ること

になってました。これ、よかったです、ツボに入りました。前回のライヴでは、実行されなかった早口言葉の部分も実行されましたし、嬉しい限り。あの部分好きなんです。「ヒツジが一匹、ヒツジが二匹・・・ヒツジが15匹、眠れないっ!!」レコーディングですら、数回は取り直したと思われるこの部分、動きまくりで息も上がりまくりなライヴで挑戦する、その意気や良し!!(でも、結果には触れないでおきます(笑))
7.「少年気流」
8.「止まらない雨」
PV マッキー
映画「ロッキー」のパロディーでした。
愛しの恋人をオヤブン組・組長・オヤブンに奪われた手拍子番長MAKI。彼女を取り返すために過酷なトレーニングを自らに課す。その甲斐あって、彼の手拍子が巻き起こす風は道行く人を吹き飛ばすほどに!はたして、MAKIは愛する彼女を取り返せるのか!?がんばれ、手拍子番長、負けるな、手拍子番長!続く!!
( ゚д゚)続くのかよ!
今回のライヴは2DAYSのため、完結編は明日放送ですって。完結編は動画編集の大生さんが「今朝8時に出来た。正直、懲りすぎた」と言うほどの内容らしいですよ?みんな、ルイードにいくしか!!
PVですが、前回のライヴでは自分も初見だったので、ポカーンとしてしまいました。今回は2回目なのでゆとりを持って楽しめました。忘れないようにメモを取りつつ見ていたのですが、メモに向かっている数秒の間にも小ネタが繰り出されており、油断のならないムービーでした。
9.「レッツゴーハッピー」
PVが終わり、スクリーンが上がると、そこには手拍子番長MAKIの姿が。
手拍子番長MAKI「今日は伝説のレッツゴーハッピー手拍子バージョンをお届けします!」
以前に「レッツゴーハッピーの手拍子は番長でもずれるほどに難しい」という話を聞いたことがあります。しかし、我らの番長はその後トレーニングを繰り返し、マスターしていたのです。アルバムへ収録されたことにより、彼の努力は日の目を見ることになり、彼の先導により会場は一体感のある手拍子で包まれたのでした・・・。
さて、余談ですが、他のメンバーも衣装チェンジしております(余談なのかよ!?)
ノゾミさん カラフルなワンピース
親分 スーツ
シュンさん 黒い胸元を大きく開けたシャツ、ハァハァ
大生さん かっこいい甚平?
手拍子番長MAKI スペインの闘牛士
10.「サンバ de サンタ!!」
手拍子番長も続投。「クリスマスシーズンまでヤラナイヨ」と言っていたこの曲もアルバム収録により復活。曲の開始と同時に数十個の風船が客席に投げ込まれました。ファンの間をぽんぽんと移動する風船、曲のイメージに合ってます。・・・と、思っていたのですが、さらに深い演出が! 間奏中にノゾミさんが「風船を割ってみると何か入っているかもよーー」そこかしこで風船の割れる音。おおぅ!?これはサンバカーニバルの花火の音のようにも聞こえますよ!?すげぇ良い演出だと思いました。今日の最感動ポイント。
MC シュンさん
恒例のシュンさん告知コーナー。カンニングペーパーを見つつ、辿々しく今後の活動予定を読み上げるシュンさんを慈しむのもLittle Nonファンの勤めなのです。だんだん、上手になってますよー。
・「俺も髪切ったんですよ〜」ワイルド&ビジュアル系な感じに
・「えいち・てぃ・てぃ・ぴー・てんてん」それはコロンと読みます
・Σ(シグマ)は読めなかったらしい
・「ここ、雨で濡れていて読めないです!」
・客席からヤジをいれるモヒカンの人(ぉ
告知内容メモしてない・・・orz
11.曲名不明(インディーズ時代の奴。あとでファン仲間に聞いて更新しよう)
「星に願いを キラキラ星」
12.「さぁ伝えよう」
13.「愛が逃げるの」
14.「サクラサク」
最後のサビの前に
「恒例!垂れ幕コーナー!! 1枚目親分お願いします」

”7月スタート 主題歌決定”

キタコレ!!3月はアルバム制作、4月はアルバムプロモーション、5月はライヴと多忙だったから、7月主題歌は無理かな、と思ってましたよ。10月頑張ろうね〜とか思ってた!!
「2枚目大生〜」

”タイトルは”

焦らしますなぁ・・・。
「3枚目シュン!!」

”明日発表”

( ゚д゚)!!
明日、楽しみ。
告知終了後、いきなりサビに戻ったのもおもしろかった。
15.「明日また会おうね」
一応、最後の曲。2DAYS開催だと本当に会えるから嬉しい。
アンコール!アンコール!!
メンバー全員が今日発売のLittle Non Tシャツを着て登場。この話については後ほど・・・。
16.「月」
最初はインディーズ時代の曲かな、と思ったのですが、桃色夜行列車制作中に生まれた新曲だそうです。
「アルバムは”桃色夜行列車”から始まって、”明日また会おうね”で終わりでした。その間に色んな”歌の駅”を旅してきました。この曲は隠しEDです。列車に乗って”月”にたどり着いて、後ろを振り返ったら、そこには地球があって、”地球と月はいつも近くにあるんだ”って」
MC メンバー全員
シュンさん 「命をすり減らして(本当にすり減ったの!!)作ったアルバムでこうしてライヴを出来るなんて本当に嬉しいです」
大生さん 「今回は音楽で真っ向勝負しました」
親分 「親分の絶対萌感〜。このTシャツどうでしょうか?上で2万円でウッテマス(本当は3千円)」
ノゾミさん 「Tシャツの話、誰もしないだろうな、と思ったので、デザインの話を。真ん中にいるのはLittle Nonのイメージキャラクターであるリトルちゃんです。とってもトレンディだと思うのですが、どうでしょう?(笑) 」(ここでど根性ガエルの真似をする親分&シュンさん)「想いとか、念とかが、入っているので、是非買っていってくださいね」
17.「ア・イ・シ・テ・ル」
18.「あきらめないで」
以上で終了です。
今回のライヴは音楽による直球勝負でしたので、レポートも楽でした(笑)自分の体調が良くなくおとなしく鑑賞していたため、ライヴの熱狂感は伝え切れていない気がします。そこは申し訳ない。
おそらくLittle Nonにとっても2DAYS開催というのは初だと思いますので、明日の内容が楽しみです。片方しか参加できない人も、両方参加した人も、どちらも楽しめる内容になっていればいいな、と思います。

レポートリンク
LittleNonワンマンライブ RUIDOジャックしちゃいマス!!1日目(星空日記さん)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする