リファクタ・リファクタ

最近読んだ本で得た知識を元にソースを修正してました。10行あったガチンコ直球のコードがエレガントな3行になった!!とかとても楽しい。
Railsは自然にMVCモデルになるのがいいですね。なぜならそうするとRails側が世話を見てくれるので、プログラムがとても楽だから。気がつくと正しい形になっている。
ただ、正しさは50%以上80%未満ぐらいまでしかいかない。100%正しい物を作るにはやっぱりちゃんとした勉強が必要になります。「これがベストとは思えないけど、これしか浮かばない〜」と悶々としたコードが増えております。
ここで「じゃあ、デザインパターンの勉強だ」と言ってしまうと、手を広げすぎて破綻するので、このまま続行で、とりあえず使える物を作ろう。
機能の90%は実装完了。あとは、プレイ順番のローテーションとゲーム終了時の処理で終わり。難しい部分は残っていないので、何とかゴールできそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする