桃色夜行列車 今日の一曲 「さぁ伝えよう」

歌詞が良いです。メンバーのお一人の実体験が元になっているとか。「結果はどうあれ、伝えなきゃいけなかったことを、自分が勇気が無くて、伝えることが出来なかった」そんな経験、みんな覚えがあると思います。すでに時間が経ってるけど、「あのとき、もうちょっと勇気があればな・・・」と今でも思い出してしまう。そんな状況に置かれたら、この曲に背中を押してもらいましょう! 最初は恋愛の歌かな、と思ったのですが、応援の歌ですね、これは。

あふれる想い押さえきれず飛び出した
星降る夜の街を あなたに会いに行くために
あふれる想い さぁ 伝えなくちゃ
こぼれそうな気持を今伝えなくちゃ
きっと きっと 想いは 届くから

ここが堪りませんな。背中がぞくぞくしますな。電車の中で歌いそうになりますな(またか)
唯一、毛色が違う歌詞が1段落だけありまして「満月の夜〜」から始まる部分なのですが、ここだけ恋愛の歌になってますな。街角で子猫を抱いているあなたを見て恋に落ちた、という内容の歌詞です。
他の部分は「あなた」に会いにいく「わたし」の一般的な内容なのに、ここだけ特定のイベントを入れてしまい、歌っている「わたし」と聴いている「わたし」が別の人物なんだなぁ、と感じてしまうのですよ。
こんなにまじめに歌詞を読んだの、初めてかも知れません(笑)
曲もいいです。歌い出しの部分が「あふれる想い押さえきれず飛び出した」という歌詞なのですが、ここが「あーーーーふれるおもいー、おさえきれず、とびだした」というぐらいの伸ばしっぷりでして、聴いていても歌っていてもとても気持ちいいのです。秀逸な歌詞と曲だと思います。歌で伝えたい主題もちゃんと絞り込めてますから、この歌詞が繰り返し出てきて、満喫できること請け合いです。
つーわけで、ちょっと風呂にCD持ち込んでカラオケモードで歌ってきますね ノシ
ギタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする