アップル、Intel MacでWindowsを起動するアプリを提供

アップル、「Boot Camp」を公開。 Intel MacでWindows XPが利用可能に
「Intel MacでWindowsを動かせコンテスト」の成果により、手間をかければ出来るわけですが、知識のない人には難易度が高かったと思います。しかし、アップルが提供したこのアプリケーションにより、GUI操作で、HDDの切り分けも行ってくれ、WindowsインストールCDの作成も行ってくれるようです。敷居が大幅に下がりそうです。


アップルは「Windows起動については、ハードウェア的に禁止するようなことはしてないけど、アップルからは手段を提供しないよ」とコメントしていたのですが、今回の方向転換の理由はなんだったのでしょうか?
1.Intel Macの売り上げが伸びた
「Macを使ってみたいけど、Windowsは捨てられないなぁ」という層がデュアルブート起動後に購入を始めた。予想以上の売り上げだったため、「これは商売になるぞ」と公式サポートを決めた。
2.サポート費用の増加
「Windows動かないんだけど」という問い合わせが増えた。アップルの保障外なのだが、サポート費用が増加したため、「公式で出した方が問い合わせも少なくていい」と判断した。
3.解析されちゃったしサービスで
出来ないだろうと予想していたデュアルブートを数週間で行われてしまった。その心意気に免じてオフィシャルで提供しちゃえ
やっぱり1が濃厚かなー。
Vista発売の際にサポートしてくれるのかが気になるところ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする