ITエンジニアと食生活

弁当は買って食べる、そんなITエンジニアに贈る
コンビニランチでも健康を維持しよう!

開発が佳境に入ると、お昼をゆっくりと食べる時間はない。そんな場合、近くのコンビニで弁当を買って済ませる人も多いのではないだろうか。そこで、フードプロデューサー、フードジャーナリスト、料理研究家でタレントの園山真希絵さんに、健康的なコンビニ弁当の選び方を伝授してもらおう。

食事って生物の活動の源ですから重要なのはわかるんですけど、TV番組を鵜呑みにしていると「何を食べて良いのかわからねー!!」となりませんか。あるある大辞典とみのもんたに聞いてみたいところです。時間をかけずに安価で食事診断をやってくれるサービスがあれば現代人には受けるんじゃないかな、と思います。
自分の食生活ですが、フリーになってからは安定しております。その前の職場ではストレス解消のために暴飲暴食でしたから、それはそれは(カロリー的にも金銭的にも)大変なことに。激務がなくなったおかげで、ストレスが減り、暴飲暴食をしなくなり、カロリー的にも金銭的にもスリムに。たまに思い出して体重計に乗ると意外と減っていてびっくりしました。
ここ最近の平日のパターンは、朝:缶コーヒー、昼:月曜→カレー、火曜→定食屋さんでさば味噌定食、水〜金曜:蕎麦、おやつ:野菜生活100で安定しております。夜はパターン化に至っておりません。近所の100円ショップで購入したレトルトで済ませたり、ファーストフードに入ったり、メイド喫茶でオムライスだったりします。
この商売、体が資本っすからね。気をつけていきたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする