ニコン「Caputre NX」が期待できそう

【PMA 2006】DXへのスタンスは変化していない
〜ニコンマーケティング統括部第一マーケティング部 風見一之ゼネラルマネジャー

昨年末にD200を発表、現在も品薄が続くヒットにつながっているニコンは、今回のPMAではコンパクトデジタルカメラの新機種を直前に発表するにとどまった。今年は秋に世界最大のカメラトレードショーでもあるPhotokinaを控えており、今回のPMAは小休止といった感もある。
しかし、ハードウェアではないが、ニコンの一眼レフカメラユーザーには興味深い発表も直前に行われている。メーカー製RAW現像ソフトとしては圧倒的に評価が高いNikon Captureが、新しいネーミングでリニューアルされたのである。
この話題をきっかけに、ニコン製デジタルカメラの方向性について、ニコン映像カンパニーマーケティング統括部第一マーケティング部ゼネラルマネジャーの風見一之氏に話を伺った。

新ソフトウェアの「Capture NX」が良さそうな感じです。領域選択の難しさには困っていたので、これを適切にやってくれるなら、15000円の価値ありです。5月発売。
Capture NX プレスリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする