「半分の月がのぼる空」6巻買ってきたよ

まだ読んでいません。本編はこれで完結だそうです。個人的には5巻で終わっても良かったんじゃないかと思ってます。これ以上、余計な波乱は必要ないんじゃないかなー、と。6巻の後書きを確認したところ、作者の山本 紡さんも読み手からそう指摘されるであろうことを理解しており、「『半分の月』という物語を綴るうちに、僕はこの巻を書いておきたいと思うようになっていました」とあります。少なくとも編集部主体で「アニメ化してるんだから続けてよ」という形ではなかったようで安心出来ました。と、なると、こちらも気合いを入れて読まなくてはいけませんね。確定申告を提出した後、ゆっくり読もうと思います。
余談:山本ケイジさんの挿絵がとても良い感じ。作品にあった柔らかい印象を受けます。あと、巫女里香〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする