BBWatchのスパイバスターレビューを読んで

清水理史の「イニシャルB」
ウイルスバスターとの使い分け方は?
トレンドマイクロから「スパイバスター2006」が登場
トレンドマイクロから、スパイウェア対策専用ソフト「スパイバスター2006」が登場した。同社からは、スパイウェア対策機能が組み込まれた統合セキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター2006」がすでに発売されているが、違いはどこにあるのだろうか?

昨日に続いて、スパイバスターの話題です。清水さんのレビュー自体は非常に参考になりました。スパイバスターはトレンドマイクロが買収した企業の製品が元になっているのでしょうね。そのせいでウィルスバスターとの統合が出来ていないのでしょう。
この記事ではウィルスバスターとの相性問題や、ウィルスバスターと比較して高機能な”場合もある”ことから、「併用するのが最適」という結論になってますが、これはどうかな、と思います。記事にもあるとおり、清水さんも「ただ、惜しむべきはスパイバスターのユーザーインターフェイスのわかりにくさだ。フリーソフトをそのまま販売したような印象を受ける。」と仰ってますし、「今使っているフリーソフトのままでいいんじゃない?」とも思います。フリーソフトを使っているユーザーに乗り換えさせるには、安定性と新しいスパイウェアへの迅速な対応が必要でしょう。それを見極めるには時間が必要です。とりあえず試用してみますかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする