モバイルSuica開始

モバイルSuicaは“狭き門”
1月28日からスタートしたモバイルSuica。筆者も試してみたが、初期設定の難しさに少々驚いた。前から問題視されていた利用制限の厳しさに加え、「初めの一歩」のハードルを低くすることが、普及のためには必須ではないだろうか。

自分はウィルコムユーザーなので、「いいな、いいなー」と見ていたのですが、初期の使い勝手はあまりよくない様子。ウィルコムで使えるようになるころ(2年後ぐらい?)には改善しているといいな。

笠原一輝のユビキタス情報局 Viiv PCを自作する 〜Viiv専用コンテンツの現状と課題
 International CESにおいて、Intelは新しいデジタルホーム向けのプラットフォームブランドとなるIntel Viiv Technology(以下Viiv)を発表した。
 開発コードネーム“East Fork”の名前で呼ばれていた頃から、このViivを追いかけてきた筆者としては、そのViivがどのようなものであるのかはかなり気になるところ。そこで、早速Viiv対応PCを入手して、そのメリットを確認してみたいと思う。
 OEMベンダーからリリースされているマシンをチョイスするという手もないわけではないが、やはり“ネタ”になるという意味においても、Viivマシンの自作に挑戦してみたいと思う。

Quick Resume Technologyの省電力機能は期待はずれみたいです。Viiv対応PCの導入を検討していただけに残念です。CPUだけYonahにしてViivは使わない方向で検討しますかね。

元麻布春男の週刊PCホットライン 期待の無線通信規格UWBの迷走
2003年から3年余に渡り行なわれていた、IEEE 802.15.3aタスクグループにおけるUWB物理層の標準化が、プロジェクト認可要求(PAR: Project Authorization Request)の取り下げという形で頓挫した。
 1月にハワイのワイコロアで開かれたIEEEの会合で、PARの取り下げと、802.15.3aプロジェクトの解散勧告の申請が承認されたことで、IEEEにおけるUWB標準化活動は終焉を迎えた。

UWBの現状をわかりやすくまとめた記事です。おすすめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする