無線LAN奮闘記

無線LAN導入2日目、日中に色々調べてみました。
一番、参考になったのはこちらの記事。
どこまでも徹底取材!! インフラ探検隊 ホームネットワークのインフラ(8)無線LANが遅いワケ
どこまでも徹底取材!! インフラ探検隊 ホームネットワークのインフラ(9)54Mbps無線LANの実力
とてもわかりやすく参考になりました。無線LANの速度表記は有線LANと同じ速度になるというものではないことがわかりました。オーバーヘッドがここまで大きいとは正直驚き。
2002年の時点では無線LAN54Mbpsで接続してもオーバーヘッドのためにTCP/IPでの実効速度は15Mbpsになる。しかし、2005年の現在ではこのオーバーヘッドを軽減する技術がいくつも出ている。バッファローの「フレームバースト」「フレームバーストEX」もそういう技術の一つ。公式HPによると・・・

高速化技術「フレームバースト」は、データ(パケット)をある程度まとめた上で一度に転送する技術です。そのため、通信内容(ファイルの種類)による影響を受けずに通常よりも高速にデータを送受信することができます。映像・画像・音声などの圧縮率の高いファイルも高速転送が行えます。

小さいサイズのパケットをまとめて大きなパケットとして送る技術です。小さいデータを断続的に送るアプリケーションには効果的だと思うけど、元々大きなパケットを送るFTPなどにも効果があるんだろうか?TCP/IPの最大パケットサイズは1500バイトなので、それ以上に大きなサイズには出来ないはず。「フレームバースト」対応機器の間でだけ1500バイトよりも大きなパケットで送るということかも知れない。
この技術とハイパワー出力のおかげで、公称値で29.3Mbps出るらしい。

【測定環境】アクセスポイント:WHR-HP-G54、WZR-HP-G54、WBR2-G54  無線LANカード:WLI-CB-G54S、WLI-CB-G54HP 
PC:Panasonic Let’sNote CF-Y2、 FTPサーバ:LinkStation HD-HG160LAN
【測定方法】10Mbyteの圧縮(ZIP)ファイルをFTP Getで測定、 OS標準のFTPクライアントソフトを使用。5回測定し、最大値、最小値を除く3回の平均を算出。

Panasonic Let’sNote CF-Y2はIntel Pentium M プロセッサ 低電圧版 738、256MB、WinXP。
LinkStation HD-HG160LANはギガビットイーサネット対応のNAS(NetworkAttachedStorage)。
どちらも取り立てて高級ではないごく一般的な機材と言えます。さらに実際に木造二階建て住宅で測定しているのもバッファローの自信の表れを感じます。
さて、こちらの測定環境ですが、
PC:NEC LaVie LL750/B、Intel Celeron M 1.30GHz、640MB、WinXP。
FTPサーバ:玄箱HG(ギガビットイーサネット対応のNAS、LinkStationの自作キット)
とほぼ同等のスペックのものがありました。
測定にはFTPを使い、ディスクアクセスの影響を無くすために以下の記事を参考にしました。
@IT:Windows TIPS — Tips:ftpでネットワークの速度を測定する
無線LANルーターの設定
動作モード:ブリッジモード
暗号化:AES
無線チャンネル:6チャンネル(手動選択)
無線モード:11g(54M)/11b(11M)-Auto
BBS BasicRateSet:default
Multicast Rate:自動
フレームバースト:フレームバーストEX
802.11gプロテクション:使用する
DTIM Period:1
送信出力:100%
PC側設定
有線LANを無効
省電力設定をOFF
テストに使用したファイルは10MBのZipを用意できなかったので、fsutilコマンドで用意した10MBのダミーファイルと30MB程度の動画ファイルを使用しました。

ftp> bi
200 Type set to I.
ftp> get test null
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test’ (10000000 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 10000000 bytes received in 4.45Seconds 2249.21Kbytes/sec.
ftp> get test null
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test’ (10000000 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 10000000 bytes received in 4.74Seconds 2111.04Kbytes/sec.
ftp> get test null
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test’ (10000000 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 10000000 bytes received in 4.84Seconds 2067.40Kbytes/sec.
ftp> get test null
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test’ (10000000 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 10000000 bytes received in 4.51Seconds 2218.77Kbytes/sec.
ftp> get test null
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test’ (10000000 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 10000000 bytes received in 4.23Seconds 2366.30Kbytes/sec.

ftp> bi
200 Type set to I.
ftp> get test2.avi nul
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test2.avi’ (31035330 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 31035330 bytes received in 14.25Seconds 2177.92Kbytes/sec.
ftp> get test2.avi nul
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test2.avi’ (31035330 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 31035330 bytes received in 15.64Seconds 1984.10Kbytes/sec.
ftp> get test2.avi nul
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test2.avi’ (31035330 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 31035330 bytes received in 15.05Seconds 2061.87Kbytes/sec.
ftp> get test2.avi nul
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test2.avi’ (31035330 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 31035330 bytes received in 13.12Seconds 2365.68Kbytes/sec.
ftp> get test2.avi nul
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for ‘test2.avi’ (31035330 bytes).
226 Transfer complete.
ftp: 31035330 bytes received in 13.28Seconds 2337.17Kbytes/sec.

公称値と同じように5回測定し、最大値、最小値を除く3回の平均を算出。
10MBダミーファイル:2249.21Kbytes/sec
30MB動画ファイル:2201.82Kbyte/sec
WindowsのKbyteは1024ではなくて1000扱いなのできちんと直しますと
10MBダミーファイル:17.57Kbps
30MB動画ファイル:17.20Kbps
やっぱり公称値の2/3しか出ていません。理論値の2/3なら大満足ですが、実際の使用環境に近づけて計測した公称値の2/3では納得できないかも。
電波が弱いのかもわからんね、ということで計測してみた。
NetStumbler
日本語化パッチファイル

どう見ても最高レベルの環境です。ありがとうございました。
結局解決してないんだけど、無線LANの仕組みは勉強できたので良しとしよう。ぶっちゃけ楽しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする