ヨドバシカメラ秋葉原店に行ってきました

秋葉原のヨドバシカメラに行ってきました。
4Fのオーディオビジュアルフロアを見てきたのですが、各メーカー毎のスペースになっており、自分のようなメーカー指名買いする人間には非常に使いやすいです。フロアが広い上に案内板が少なく、目的の場所になかなかたどり着けないことが多かったです。2FのPCフロアも同じ問題点を感じました。デパートの食料品売り場のように天井近辺に案内板を配置するといいんじゃないかなぁ、と思います。あと通路は確かに広いんですが、移動用の通路と商品を見る通路の区別がないため、商品を見ている人が障害物になってしまい、実際に通路として活用されている幅は半分ぐらいになっていました。これもデパートを参考にすればいいと思うのです。「井」の字型に大きめの移動用通路を配置し、そこから碁盤の目状に商品閲覧用の通路を並べる感じです。
商品の方は特におもしろいものもなく、安いわけでもなく。
2FのPCフロアですが、一般客に売れるプリンタ・デジカメ関係の消耗品がすごい品揃えでした。自作パーツは大したことなかったです。アキバの一般的な自作専門店より劣ってると思います。PCソフトはなかなか充実してました。ゲームはあまりなくオフィス・ウィルス対策・ユーティリティばかりでしたが。そろそろ買わなきゃいけない青色申告のソフトはここで買おうと思ってます。10%還元は偉大です。
4Fのオーディオビジュアルフロアは各メーカーがフラッグシップモデルを置いているため、商品選別にはいいかもしれません。ソニーのSXRDを搭載したQUALIA 006は見に行った価値がありました。168万円はさすがに無理なので、早くこれを日本でも出してほしいものです。60型で65万円ぐらいで是非。
ヨドバシカメラ側の狙いであるファミリー層向けとしてはいい感じではないかと思います。こだわりがなければ何でも揃いそうです。ただ、自分のようなユーザーには用事のない店になりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする