難易度:皇帝に挑戦してみた その9

ゲーム設定:標準マップ・皇帝・ローマ・蛮族無し、その他はランダム。
前回のリベンジで戦争での勝利を目指してプレイ開始。技術は青銅器→鉄器コース。探索しても他の文明と接触しない。結局、どの文明とも接触しないで自文明がいる島を独占。他文明と接触が遅くなるほど技術交換の輪から外れている期間が長いため、不利になるんだけど、10都市ほど作れたのでなんとかなるかな、と思ってプレイ継続。幸い初期の未熟な航海技術でも渡れるところにそこそこの大きさの島を2つ発見。移民団を送り込む。
そうしているうちに別の島にエジプトとスペインを発見。うちの島の2倍ぐらいある島を二分していたんだけど、みるみるうちにパワーバランスが崩れてエジプトが占拠。スペインは2都市を残すのみとなった。F8キーで確認できる他文明との比較情報を確認すると、やはりエジプトがトップだった。
幸いこの時代では島を渡っての制服は難しいので、内政重視でプレイ。しかし、既知の文明が7カ国中2つだけのため、技術交換があまり出来ない。エジプト・スペインは他の文明とも接触が取れたようで、どんどん先の技術を取得していく。中世前半の時点で自力での技術開発をあきらめ、技術を買っていく方針に変更。ほとんどの都市が港(海から取得できる食料を+1する施設。この結果、最低でも1間マス当たり2食料を取得可能になり、スムーズな人口増加が見込める。しかし、海からはシールドが取れないため、建造物の建築は遅くなる。後半戦で伸び悩むことになる)を作れる立地であるため、ある程度の発展は見込めるはず。それを見越して先行して施設を建設。文化確保のために最初に寺院or図書館。その後、市場→銀行→上水道を基本に都市の状況に応じて変更していった。その結果、5〜10ターン毎に1つの技術を買えるようになった。
最初は買う一方だったが、ある程度経つと金で買った最新技術を持っている文明が1つ、2つという状況になった。残りの5,6文明は持っていないことになる。こちらが買った技術を他の文明に売ることによって、購入資金の半分程度を回収することが出来るようになった。余裕が出来たので、その資金で施設の緊急生産や戦闘ユニットのアップグレードに回す。いつもはここで内政に夢中になりすぎて他文明に攻め込まれるので、各都市に3ユニットずつ最新の防衛ユニットを置いた。
近代に入ったところで変化があった。トップを走っていたエジプト・朝鮮が持っていない技術を開発可能になった。近代の技術ツリーで最初に取得可能な技術はナショナリズム・蒸気機関・医術。このうち医術をどこの文明も持っていなかった。予算の割り当てを現金100%から技術開発100%に変更してみると、6ターンで開発可能と出た。6ターン以内に他の文明がこの技術を取得しなければ、技術競争のトップに肩を並べられる。結果、成功。その後、医術からの派生技術の公衆衛生も開発し、これの独占にも成功。この技術と交換に他文明から最新技術と多額の金を得ることが出来た。さて、反撃開始だ。
近代の技術ツリーは大きく2つに分けることが出来る。エジプト・朝鮮ともに工業技術の開発に向かったので、こちらは電機技術の開発に向かう。その結果、大七不思議の進化論・フーバーダムの開発に成功。三つ巴の争いをしつつ、近代終了。
現代の最初の技術である核分裂で勝利条件の1つである大七不思議「国際連合」が開発可能になる。この時点でエジプト・朝鮮から5ターンほど遅れている。国土開発は一番進んでいる自信があるが、領土面積・都市数はあちらの方が上で、さらに高難易度であるためコンピュータ文明には技術開発速度にボーナスがあるため、圧勝は難しい。5ターンほど遅れて国際連合の開発に着手。国際連合の生産に必要なシールドは1000だが、国内最大の都市の1ターン当たりの生産シールド数は80なので、13ターンで開発出来る。ここまで早い都市は無いと思うので、逆転できるんじゃないかな・・・。
結果、1ターン差で朝鮮に負けたorz
悔しいのでリロードして労働者を定住させて生産力をアップさせる。勝利ヽ|・∀・|ノ 他文明にプレゼントをしてご機嫌を取ったあと、投票を行い、外交勝利。スパイでライバルの状況を調べてリロードなしで勝てれば良かったんだがなぁ・・・。
あ、軍事勝利してないや。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする