NTT-ME MN9300購入

予定通りNTT-ME MN9300を購入しました。
光回線はまだ来ていませんが、ギガビットイーサネット対応しているPCが2つあるため、早速ハブ代わりに使用してみました。
両方のPCが1Gbpsでリンクしていることを確認して、速度テストしたのですが、あまり芳しくない結果です。
ディスクの読み書きをしているとはいえ65Mbpsぐらいしか出ていない様子。
うちのディスクってそんなに性能低かったかなぁ、と調査。
ソフトはCrystalMark 2004を使ってみました。
・1台目
Model: Maxtor 6Y200M0
BuufferMode: 7936KB
Interface: Serial ATA/150
Read : 50.57 MB/s ( 2022 )
Write : 53.22 MB/s ( 2128 )
RandomRead512K : 30.76 MB/s ( 1230 )
RandomWrite512K : 44.36 MB/s ( 1774 )
RandomRead 64K : 8.84 MB/s ( 353 )
RandomWrite 64K : 22.79 MB/s ( 911 )
・2台目
Model: Maxtor IBM-DTLA-307030
BuufferMode: 1916KB
Interface: DMA/100
Read : 27.36 MB/s ( 1094 )
Write : 17.67 MB/s ( 706 )
RandomRead512K : 16.51 MB/s ( 660 )
RandomWrite512K : 11.74 MB/s ( 469 )
RandomRead 64K : 4.38 MB/s ( 175 )
RandomWrite 64K : 5.64 MB/s ( 225 )
という感じでした。
2台目は前のメインPCなんですが、さすがに時代遅れ感は否めない感じがします。
1台目Writeで2台目Readとした場合、27MB/s転送、bpsに直すと216Mbpsぐらいが最高になるわけですが、実際は65Mbpsで1/3しか出ていないわけです。
ベンチマークのReadはシーケンシャルアクセスでしょうから、RandomReadの値の方が参考になるかもしれません。
1回のバッファーサイズが512Kの場合は128Mbps、64Kの場合は32Mbpsぐらいになります。
ここはFTPサーバソフトの性能次第になりますね。賢いソフトほどシーケンシャルアクセスに近い数値が出るはず。
余談ですが・・・
仕事でUNIXのネットワークテストをするときはほぼ理論値に近い数値が出ています。
100Mbpsなら理論値12.5MB/sで、だいたい10〜11MB/sぐらい出てます。
個人用PCとサーバ用PC、UNIXとWindowsと全然違うわけですが、やはり商用UNIXはすごいなぁ、と思います。
それで本題ですが、ネットワークを介さず、直接データ転送だけしてくれるベンチマークソフトがあればベストです。
検索したところ、こんなのを見つけたのですが、WindowsXPのOSのPCが2つない罠。
さらに検索して、これを発見。
UNIX生まれの測定ツールらしく、上のツールとほぼ一緒の機能を持っているみたいです。
Windowsのバージョン依存もないみたいですし、早速実行してみました・・・・・287Mbps出た〜。
送受信バッファサイズ100MB 送受信サイズ100MB(要するに1回で100MB送受信してバッファを毎回一杯にする)でテストしてこの数値でした。
これ以上数値を増やそうとしてもエラーになってしまい、出来ませんでした。
100Mbpsを大幅に超える数値が出たんで、ギガビットイーサネットハブは動作しているのは確認できたのでOKとします。
今まで使っていたハブでの数値も測定したいですが、時間も遅いのでこの辺で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする