iPhoneでGmailのカスタムFromアドレスを使用する方法

ずっと出来ないと思っていたんだけど、ようやく出来ました。

  1. 設定→メール/連絡先/カレンダー→アカウントを追加をタップ
  2. 一覧からGmailを選ばず、その他をタップ
  3. メールアカウントを追加をタップ
  4. 名前に送信時に使う名前を入力(例:hajimepg)
  5. アドレスにGmailメールアドレスを入力(例:example@gmail.com)
  6. パスワードにGmailパスワードを入力
  7. 保存をタップ
  8. アドレスにカスタムFromアドレスを入力(例:example@example.net)
  9. 受信メールサーバ→ホスト名にimap.gmail.comを入力
  10. ユーザ名にGmailメールアドレスを入力(例:example@gmail.com)
  11. パスワードにGmailパスワードを入力
  12. 送信メールサーバ→ホスト名にsmtp.gmail.comを入力
  13. ユーザ名にGmailメールアドレスを入力(例:example@gmail.com)
  14. パスワードにGmailパスワードを入力
  15. 保存をタップ
  16. アカウントから上で追加したアカウントをタップ
  17. 詳細をタップ
  18. 下書きメールボックスをタップ
  19. サーバ上→Dratfsをタップ
  20. 送信済メッセージをタップ
  21. サーバ上→Send Mailをタップ
  22. 削除済メッセージをタップ
  23. サーバ上→Trashをタップ

Gmail専用の設定を選んではいけないという罠でした。カスタムFromアドレスなしならずいぶんと入力が減るので普通の人は選んだ方がいいと思います。これで受信はMailアプリ、送信はSafariのGmailというだるい状況が終わりました。iPad前に気付けたのは嬉しいなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする