iPad

ついに発表されましたね。アップルのタブレットPC。お披露目イベントが日本時間の深夜3時だったので、翌日の仕事を考慮して寝ちゃいましたが、いつもより早起きしてウェブで内容を確認しちゃいましたよ。

名前は「iPad」。一瞬iPodと見間違ってしまいました。ネーミングはイマイチかなー、と思います。10インチ弱のマルチタッチIPS液晶ディスプレイを搭載し、WiFiと3Gによるネットワーク接続、OSはiPhoneを踏襲しており、iPhone Appはすべて動くとのこと。価格はWiFiのみ16GBモデルが499ドル、32GB、64GBと100ドル増しになり、3Gモデルはそれぞれの価格に+130ドルです。3Gモデルの発売はWiFiモデルより1ヶ月遅れ、というのが悩ましい。

新サービスとしては、 iBook Storeが始まります。電子書籍の販売です。というかこのサービスを実現するためのデバイスなんでしょうね、これは。あとはiWorkのiPad版が出るようです。Pages、Numbers、Keynoteがそれぞれ9.99ドル。全部買っても30ドル以下。これは売れるでしょうね。買ったのはいいけど、使わない人がほとんどになりそうですが(笑)

iPhoneより解像度が高いため、標準搭載のメールアプリが2ペイン製になりました。写真も見やすそうです。Safariも操作性が変わっているようです。カレンダーはすごくお洒落な感じになりました。リビングでくつろぎながら、明日の予定を確認するとすごくかっこよさそう。ここらへんは「おおっ」と思えるんですが、ホーム画面とロック画面がiPhoneのをそのまま引き延ばした感じで、「せっかく広いんだし、もうちょっとどうにかならなかったの?」という感じ。どっちも玄関みたいな画面ですから、ここはがっかり。

iPhone Appは画面中央にドットバイドットで表示するか、1ドットを縦横2倍に拡大して表示するのか選べます。今日からダウンロードが始まったiPhone SDK 3.2を利用すればiPadの画面に最適化されたアプリも作れるとのこと。早速ダウンロード中です。

iPhoneからダウングレードしたのはカメラが無くなったことでしょうか。動画編集とか出来そうなものなので、すごく残念です。GPSもないのかな。キーノートで言っていたのかも知れませんが、俺の英語力ではわからず。

iBook Storeの品揃えと価格に期待したいところです。オライリーで単語をタップすると内蔵辞書で和訳表示なんてなったら魅力的。

発売は春頃になりそうですが、買いますね。そこまで良いデバイスかと聞かれると悩ましいところですが、買わない限りずっとソワソワするのは目に見ているので、買いますね。499ドルのWiFiモデルにするか、3G入りで大容量にするか、悩むことにします。二世代目が本命だろうから、安く抑えたいんだけど、3G便利ですしねー。容量は抑えるかなぁ。でもなぁ・・・(春までグルグルループ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする