スティルの日々

帰宅後、取れる時間はなるべくスティル狩りに回しております
来月中旬に来るであろう大型パッチにスキルバランス修正パッチが含まれる可能性があり、
そのパッチが来ると荒稼ぎが出来なくなるからです
スティル狩りは苦痛ではないのですが、HPのネタがないのが困りものです
「今日は青箱いくつ出た〜(*’-‘)ノ 」と書き続けるのも少々辛くなって参りました
今日、ギルマスから「日記のネタにもなるし、ギルド狩り参加マジオススメ(意訳)」と言われました
ギルド狩り楽しいので少し心が揺れました
あんた、勧誘とか向いてるに違いないよっ
とりあえず今日の所は鉄の意志で我慢しました
最近の楽しみは狩り場のライバル達の動きですね
敵の数が限られており、沸きポイントが限定されているため、位置関係が非常に重要になっています
一番良い場所だと他の2倍ぐらいはタゲがもらえるのですよ
表だって発言はしませんが、どのPTもその場所を虎視眈々と狙っており、
冷戦が繰り広げられております
・2番目の沸きポイントに移動して妥協
・1番いい場所にいるPTが帰ったらその場所を次に使えるように近くで監視
・諦めて帰る
・移動狩りにシフト
などなど、人によって色々あるので楽しいです
自分は長期戦の構えで監視作業にはいるのですが、他にもそれ狙いのPTがいる場合、
沸きポイントの上下に2PT待ちがいたりします
こうなると根比べになり、これがまた楽しいです
大抵のPTはアコ系を含むペアで来ており、ソロで行く自分はその点が有利でもあり、不利でもあります
利点はソロ狩りと同じでいつでも始められ、やめられること、儲けが大きい
欠点は話し相手がいない、索敵&場所確保出来ない、死にやすい、などです
自分の好きな麻雀というゲームと似ていると思うのですが、
ポイントはどうやって相手を降ろす=帰らせる、かということ
「こっちは長期戦の腹づもりですよー」と言うのを行動の端々でほのめかすわけです
麻雀で言うと捨て牌で「高い手狙ってます」とほのめかす感じでしょうか
同じようにスティル成功までの時間やパーティ構成、細かい動きなどを見て
このPTは長期スティル狩りをするか(もしくは出来るか)を見極めて
分が悪いなーと思ったときは撤退したりしてます
微妙な楽しみ方だと思いますが、単調だと思われがちなスティル狩りも
結構楽しんでいるアホもいるということで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする