初音ミク Project DIVA Arcadeの秋葉原 クラブセガのロケテに行ってきました

DSC_0368.png

去年、PSPで発売された初音ミク Project DIVAのアーケード版のロケテに行ってきました。ロケテ初日で平日の金曜日ですら9時間待ちになったとのことだったので、始発で出発しました。6時前に到着したところ、まだ行列は10人程度でした。ワンプレイ2曲とのことなので、一人当たり8分ぐらいなので、1時間ちょっとの待ちでプレイ出来る位置です。その後、関東圏からの始発と思われる方々で7時前までに列は30人ぐらいになり、その後も列は増え続け、8時過ぎに80人ほどになりました。そこでロケテが実施されるゲームセンターから整理券が配布され、解散となりました。開店の10時まで並ぶつもりでしたので、嬉しい誤算です。

喫茶店(リナカフェ)で休憩したあと、開店と同時にクラブセガへ。筐体が配置されているのは2Fに上がってすぐの場所でした。筐体の周りと階段が観戦する人で埋め尽くされていました。筐体は1台しかなく、観戦用のモニタが別に1台ありました。筐体の近くにクラブセガのスタッフが2名待機しており、整理券の発行と順番が来た際の受付をやっていました。現在、整理券何番の人がプレイ中なのかは表示されておらず、いちいちスタッフに聴くしかない状態になっていました。ホワイトボードでも用意して表示すべきだと思いました。2回目のロケテがあるなら、是非改善して欲しいところです。

筐体ですが、画面上部に非接触ICカードの読み取り機、画面はフルHDのタッチパネルで、その下にコイン投入口があり、さらに下に直径10cm弱のボタンが「L」「△」「□」「×」「○」「R」と6つ横に並んでいます。このボタン配置は覚えにくく、プレイ中何度もミスをしてしまいました。著作権などの面で問題ないのなら、PSPと同様に二段配置にしてもらえるのがベストだと思います。利用はしなかったのですが、ユーザが使いやすい位置にヘッドフォン端子が用意されているとのことでした。以前から音ゲーなのにゲーセンの色々な音が混ざった環境でプレイさせられるのは嫌いで、家庭用ばかりやっていた俺ですので、こういう気配りは非常にありがたいです。今後はデファクトスタンダードとして採用されるゲームが増えて行くと良いと思います。「裏側に端子はあるよ」ととかではなく、前面にあるのが大事かと思います。

プレイですが、まずはID登録してプレイするか、ゲスト登録するかをタッチパネルで選択します。今回はロケテ用ICカードがもらえたので、ID登録してプレイ。IDもタッチパネルで登録します。その後にコイン投入を促されます。そうすると画面中央に難易度選択が出ます。選択肢はEASY・NORMAL・HARD・EXPERTの4つ。そして、よく見ると画面下部にモジュールセレクトのボタンがあります。このボタンに気付かなかった人も多かったようなのですが、こっちを選択すると初音ミクの衣装を購入・交換することが出来ます。ロケテは最初から50VP持っていますので、一番安い衣装なら買えます。一曲プレイすると10VP、クリアすると30VP入るようです。一番高い衣装は500VPの水着でした。

難易度を選択すると曲選択画面になります。各曲が収録されているCDのジャケットが表示されており、ミクのCDを多数買っているのでテンションが上がりました(笑)。曲選択とモジュールセレクトの残り時間は共有なので、モジュールセレクトに時間を使っていると残り時間が足りずに困ることになります。というか俺がなりました(笑)ロケテでは各難易度で選択出来る曲数が違っていました。製品版ではどうなるのでしょうか。全難易度で全曲をプレイ出来るといいのですが、難易度選択画面にその難易度に含まれている曲数が表示されていたので、このままの仕様で行く可能性が高そうです。

プレイはほぼPSPと同様ですが、新たに「長押し」と「同時押し」が増えいるようです。長押しはアイコンが赤くなっていました。同時押しは自分のプレイでは登場しなかったのですが、アイコン同士が線で結ばれているとのことでした。新要素もそうですが、そもそもゲームシステムの説明画面がなかったのが気になりました。コナミのゲームだとコイン投入後に出ていたと思うので、改善して頂きたいところです。

PSP版ではライフがなくなるとゲームオーバーで、曲クリアの条件はゲームオーバーまでいかずに最後まで行くとスコアによってクリア判定が行われました。しかし、クリア基準となるスコアはどこにも明記されていませんでした。アーケード版ではこれが改善され、画面上部にライフが、画面下部にクリアスコアと現在のスコアがバーで表示されるようになりました。セガグッジョブです。

PSP版ではスコアはチャンスタイム中にどれだけコンボを繋げるかに大きく依存していたのですが、他と別段難易度が変わる場所でもないのにスコアの振れ幅だけが大きくなるチャンスタイムは嫌いでした。同様の意見が多かったらしく、チャンスタイム自体は残っているのですが、スコアへの影響度は大きく減じたようです。セガグッジョブです。

以上でロケテレポート終了です。今日、明日もロケテは続くようですが、さすがにもう一度始発から並ぶのはしんどいので、行かないと思います。実はロケテが終わったあと、休日出勤もこなしてきたんですよ。我ながら公私ともに充実した一日でした。ロケテの結果を踏まえて、より良くなった製品版が早く発売されますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする