ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii

Amazonが発売日に届けてくれたので早速プレイ。

難易度は前評判通り、かなり高め。ワールド2で残機が0になりかけ、残機増やしの作業を強いられたほど。ワールド1の中盤から殺しにかかってくる。

クリアするだけなら数回挑めばできるのだけど、各マップに3枚ある大コインを取ろうとすると難易度が上がるのは、DSマリオと同様。大コイン取得失敗=1ミスという箇所も多いので、調子をこいて欲張るとサクッと死ねる。

非情に良くできたゲームなんだけど、Wiiリモコンを振る、ねじるといった操作を入れてしまったせいで、Wiiリモコン横持ちか、ヌンチャクスタイルでしかプレイできなくなってしまった。クラコンプロか、SFCコンでプレイできればもっと熱中できるのにと思ってしまう。ゲームと言えばボタンを押す世代なので、アクションゲームの途中でいきなりコントローラを振れと言われても戸惑ってしまう。特に亀の甲羅を持つときは振らなくて良いのに、アイテムや氷を持つ時には振らないと持てないというのは一貫性がないと思う。そのせいで何度イライラしたことか。

もうWiiは十分に売れているのだから、「Wiiらしさ」とか「新しいゲームの提案」など言わず、手堅いアクションゲームとして作って欲しかった。残念無念。

もちろん、価格分以上の価値はある上に、5000円弱で買えるのでオススメの一本ではある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする