FirefoxのSQLiteデータベース再構築は効果絶大でした

Firefoxは情報の保存にSQLiteというデータベースを使っており、このデータベースの肥大化がFirefoxが遅くなる原因のひとつ・・・という情報は以前から知っていたのですが、「そんなに差が出るものじゃないだろう」と特に対策を取らずにいました。

ちょうどTwitterでこの話題を見かけたので、良い機会だし、やってみたところ、CPU使用率が激減しました。再構築前はCPU使用率80%ぐらいだったのですが、10%ぐらいに減りました。

デュアルコアなのですが、1コアはFirefox、もう1コアはVMware Fusion、余りのCPU時間でそれ以外のタスクをこなす・・・という状況だったので、非情に快適になりました。重たい作業をする時はFirefox落としたりしていたんですけど、今後はその必要も無さそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする