RubyKaigi 2009 お疲れ様でした

今年は(無職中でお財布が厳しいため)Ustream.tvでの視聴での参加になりました。

1日目

朝から待機していたのですが、配信の調子が悪く視聴に耐えなかったため、1時間足らずで撤退しました。配信側のネットワークトラブルだったそうなのですが、すぐに原因を究明して、2日目からは快適な視聴にしてくれたKaigiFreaksに感謝します。

2日目

朝からまつもとさんの基調講演まで参加しました。

Ruby 1.8 のゆくえ(卜部 昌平さん)

Ruby 1.8の今後の予定のお話でした。未だに1.8をメインで使っているので、しっかりと聞かせてもらいました。

Ruby 1.9.2ロードマップ(園田 裕貴さん)

今度は1.9のお話。スピーカーの園田さんはお話がおもしろい方なので、今年も楽しませて頂きました。話している内容は固いんですが、口調と時々言うジョークだけでこれだけおもしろくなるとは。

Ruby リファレンスマニュアル刷新計画 2009 夏(okkezさん)

今年中に重要度の低い部分を省き、いったんクローズさせるという発表がありました。あと、青木さん、本の執筆お疲れ様でした。

基調講演(まつもとゆきひろさん)

質疑応答で「アメリカだとすごい勢いで質問されるんだけど」とおっしゃっていたのがおもしろかったです。RubyConf(アメリカのRubyイベント)にも一度は行ってみたいです。

3日目

朝までボードゲームをやっていたので、お昼から参加です。

RubyならMacでしょう(Vincent Isambartさん)

外国の方なんですが、日本語でセッションしてくださいました。快適すぎる。MacRubyの紹介でした。MacRubyの開発中バージョンである0.5は、かなり期待されているらしく、この後のセッションでもよく名前が出てきました。

RubyCocoa/HotCocoa(RHC) 〜RubyではじめるMac OS Xデスクトップアプリケーション開発〜(高尾 宏治さん)

RubyCocoaとその周辺技術であるObject-CやCocoaのお話。Macにおけるプログラミング入門としても分かり易かったと思います。各技術の登場背景と役割がわかりました。9月にRubyCocoaの本を出されるそうなので、購入決定です。

RubyをつかったiPhoneアプリケーション開発(森 琢磨さん)

ハッキング魂が見ることができました。iPhoneでRubyを動かして、Telnetサーバを起動してリモートからirbで動作中のプログラムを変更とか。すごいの一言です。

Take the Red Pill(角谷 信太郎さん)

角谷さんのセッションも毎回、楽しみにしています。1時間枠なのに、本編が30分で終わった時はどうしようかと思いましたが、質問がバンバン出てきて、予定時間までしっかり埋まっていました。中盤あたりはRubyに対するスタンスの違いでの議論もありました。

基調講演: Rubyと私、そして日本Rubyの会(高橋 征義さん)

最終セッションです。総括と日本Rubyの会をよりよくするためのお話でした。最後のセッションに相応しいないようだったと思います。

Reject Kaigi

今年で3回目を迎えるRejectKaigi。本編やTLで採択されなかったセッションや小ネタを話す1本3分のセッションです。今回は24本だったようです。色んな内容がありますし、短くて飽きが来ないので、毎回楽しみにしています。今年も楽しめました。

お疲れ様でした

スピーカー、スタッフ、参加者の皆さん、お疲れ様でした。来年はまた現地で参加したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする