勇者30

最後のモードまで出しました。何回やっても上手くクリア出来ないので、電源を切ったところ、「そういえば、序盤に一回セーブしただけじゃね」と気づいたでござる。俺の12時間が吹っ飛んだ。ただいま放心中。

セーブメニューの位置と短時間集中ゲームのコンビネーションでしてやられた。各モードクリア時にセーブの確認ぐらいあっても良かったんじゃないかと思う。俺以外にもやらかした人がきっといるはず(笑)

気を取り直して各モードの感想を。

勇者30
メインモード。RPGのレベル上げ・装備購入・クエスト・ボス撃破を30秒に濃縮した内容。これ目当てで買いましたし、体験版も試しているので期待を裏切らないおもしろさ。各面に1つ以上の攻略法がある当たりも良かったです。
魔王30
公式曰くRTS。三すくみの関係にあるユニットを適宜呼び出して敵を倒します。そんなにおもしろくなかったです。
王女30
公式曰くSTG。30秒以内にスタート地点に戻るあたりがおもしろいです。行きで出したアイテムを帰りに取ったり、帰りを意識して片側の敵を集中的に倒したり出来ます。しかし、自機大きすぎ、スクロール早すぎなので、反射神経や先読みで戦うと言うよりは覚えゲーでした。
騎士30
公式曰くACT。騎士一人で呪文詠唱中の賢者を30秒守るゲーム。前3つが「時間よ、経つな!」なのに対して、逆なのがおもしろいです。賢者を担いでダッシュできたり、罠を作れたり、倍速詠唱の床があったり、詠唱妨害のオブジェクトがあったりと、ギミック豊富。前2つよりはおもしろかったです。
勇者300
勇者一人でスタートして騎士・賢者・王女・魔王を仲間にしてラスボスに挑むモード。システムは勇者30を踏襲していますが、時間の補充が出来ない上にすごくギリギリ。失着手(すぐに新しいものが手に入ってしまう装備や倒す意味のないボス)などもいるので、試行錯誤で最善手を探していくのがおもしろい。クリアまでに10回ぐらい挑んだと思います。勇者30の次におもしろかったです。
勇者3
3秒です。ワンミス即死。クリア後のネタモードですね。各街を3秒で移動しつつ、装備を買っていくんですが、買う順番とタイミングが難しい。早すぎると敵が倒せずに破綻しますし、遅すぎると時間リセット代のインフレに負けて破綻します。ようやく見極めたと思ったら、街移動の操作ミス(直線はいいんですが、L字は死ねます)で死亡。このモードがクリア出来ず、「明日やるかぁ」と電源を切ったところ、セーブしてなかったことに気づきました。

おもしろいゲームだったんですが、勇者30{0-2}とそれ以外のおもしろさにかなり開きがあります。それ以外をクリアしないと勇者300や勇者3が解禁されないのがつらいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする