イーモバイルのデータ端末「D03HW」がMacから認識されなくなっていた件

昨日、数年ぶりぐらいにオフ会に参加しました。Twitterのオフ会だったので、Mac(というかTwitterにPost出来る端末)を持っていった。

イーモバイルのデータ端末「D03HW」を使っているので、それでネットに繋ごうと思っていたのだけど、接続できない。最後に使ったのは、RubyKaigi2008だから、半年前ぐらいか。

接続ソフトやファームウェアのバージョンを上げないといけないのかと思い、iPhoneで検索したが、どちらも最新のようだ。

MacにBoot CampでWindows XPが入っていたので、そちらで起動し、接続したところ、あっさりと繋がった。ハードウェアが壊れたわけでもないようだ。

結局、解決せずにオフ会は終了。重さ2kg以上のMacBook Proはただの重たい荷物だった。

帰宅後、Macの再インストールまで覚悟して調査開始。まずはソフトウェアアップデートで最新になっているか、確認してみた。問題なし。

再インストールのためにTime Machineのバックアップが終わる間、ググってみたところ、再インストールしたら直ったという記事を見つけた。端末は1つ前のD02HWだったが、同社の端末なので、同じ方法で改善する可能性はある。試してみることにした。

アプリケーションディレクトリにある「EMOBILE D03HW ユーティリティ.app」をゴミ箱に投げ込む。管理者権限が必要らしく、パスワード入力を求められた。

続いて、データ端末を差し込む。Express Card内にあるストレージ領域がMacからリムーバブルメディアとして認識される。「EMOBILE D03HW ユーティリティ.app」という先ほどゴミ箱に投げ込んだものと同じファイルが出てきた。ダブルクリックして起動すると、インストーラが起動した。さっきまではハードウェア検出に失敗していたので、違う動作になっていた。

インストーラの指示通りに進めると、あっさりとハードウェアを認識。

どうやらMac OSのマイナーバージョンアップの際にドライバが動作しなくなっていたらしい。同じドライバを再インストールすると認識するというのが謎だ。

そういうわけで、「Mac OSをマイナーバージョンアップしたらイーモバデータ端末のドライバを消して入れ直せ」というノウハウをゲットした。また忘れてハマリそうなので、メモとして残しておく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする