WordPress 2.7でファイルをアップロードしてみる

運用2日目、ファイル(画像)のアップロードに挑戦しました。サクッと終わるものと思っていたのですが、1時間ほど苦戦しました。原因は運用しているサーバのセキュリティ対策だったんですが・・・

  • /wp-content のパーミッションを777に設定
  • /wp-content/uploads ディレクトリを作成
  • /wp-content/uploads のパーミッションを777に設定

アップロード機能ですが、すごく素敵です。MTではアップロードは出来ましたが、その後のサポートはサムネイルを作ってくれて、表示用のタグを生成してくれる程度でした。

WordPressでは、WordPressを通してアップロードしたファイルはずっと管理してくれるようなのです。一覧画面で閲覧・削除・再利用などが出来ます。これは便利です!

さらにエントリに挿入する際には、右寄せ・センタリング・左寄せを指定できたり、周りを囲ってくれたりします。サムネイルも大・中・小の3サイズが指定でき、それぞれの具体的なサイズは自分で設定可能です。

こりゃ便利だ!

エントリのソースに出力されるのもHTMLタグではなく、WordPress独自のタグでした。HTMLタグにしてしまうと、WordPressがサポートしていない属性が追加される可能性があり、管理が出来なくなってしまいますが、独自タグのままなら、仕様はわかっているので、再利用可能です。

簡単な利用法としては表示方法の再設定などが考えられますが、おそらくプラグインからも利用可能でしょうし、テンプレートで一括して表示方法を変更することも出来そうです。

MovableTypeも最初に利用したときは感動したものですが、WordPressは”Yet Another MovableType”ではなく、”Next Generation MovableType”に近いですね。MovableTypeの方もバージョンアップを続けていますが、後方互換を確保しなくてはいけない以上、追いつくのは難しいでしょうね。

ファイルのアップロードに触れただけなのに、すっかりトリコになってしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする