「白騎士物語」 クリアしました

22時間10分でクリア。確かにこれはよろしくないかも。

ここ10年ぐらいのRPGの寄せ集めみたいな内容でした。素材採取・強化・合成・スキルツリー・リアルタイムバトル・必殺技ゲージ・移動と戦闘がシームレス、思いつくだけでもこれぐらいのシステムを搭載しているのですが、まったくもって調整不足です。

合成・強化するより、次の街で店売り装備を買った方が強いので、苦労してアイテムを集める甲斐がありません。スキルツリーの後半スキルを取っても、必殺技ゲージを白騎士変身に取っておかねばならないため、使用出来ません。(そのため、必殺技ゲージを使わずに能力を底上げできるパッシブスキルばかりを取るのが有利になっています)リアルタイムバトルですが、1回の行動が遅いため、戦略性がありません。シームレスバトルも移動が早い上にキャラを押しのけて移動出来るため、後衛を守ることも出来ません。

見た目はいいんですが、かなり底が浅い残念な内容になっています。ソニーから発売日は延期させるなという圧力があったのは容易に想像できますが、やはりひどい内容には違いありません。

シナリオも全然完結しておらず、続編を臭わすエンディングになっています。RPGにシナリオは求めない俺ですが、クリアしても達成感がないこのエンディングはいただけないです。敵国との関係悪化はどうなったの?ときどき旅の経過が報告されていた騎士団長の意味は?

そのうち、続編が出ると思いますが、その時期によほど暇じゃないと買わないと思います。

キレイなマップや音楽、良くできた装備品など美点もいくつもあるんですが、総合力としてダメですね。残念です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする