Amazonからの脱出

いままで本もゲームもCDもDVDもフィギュアも家電もAmazonで購入していた俺だが、もう限界かもしれない。引き金となったのは、カトーレック便。以前に書いたエントリはうちのブログでいちばん読まれる記事になってしまった。

Studio H.F.F. Amazonの配送業者が「カトーレック」便になりました

上記記事から2ヶ月経つが状況はまったく変わらない。一度、サービスが良くなったと感じた時期があったが、どうやら”当たり”の社員をひいただけだったようだ。社員の質のばらつきがひどい。再配達の電話でも、荷物の受け取りでも、気分を害される態度がたびたびあった。

せっかく楽しみにしていた荷物が届くというのに、このような気分は味わいたくない。Amazon大脱出を開始した。

カトーレック便が使われるのは、「千葉在住で」「お急ぎ便ではなく」「メール便では送れない」ときだ。住所を変えるのは難しいし、関東の他都道府県でもいつ採用されるかわからない(サービスの質が低いのだから、大手4社より安いのであろう。今後は拡大されるだろう)。

お急ぎ便の条件から外れるのは、予約をしたときだ。Amazonプライムに加入しているので、在庫がある商品はすべてお急ぎ便になる。よって、Amazonでは予約をしないことにする。

まずゲームは、BK1に移した。Amazonと同様に1500円以上は配送無料だ。お急ぎ便もある(250円)。年間30万円以上、購入するとAmazonプライムに該当する特典が受けられる。配送業者はヤマト。各種ポイント制度をうまく活用すると13%程度の値引きが受けられるようだ。詳しくは、下記の記事を参照。

ネットで本を買うならbk1で←結論 – 雲上四季

ポイント制度を活用しようとすると、購入タイミングにかなり頭を使うことが欠点ではないかと思う。小銭を気にして、貴重な時間を失うのは避けたい。今後、付き合い方を見極めていく必要があると思っている。

フィギュアは、HOBBY STOCKに移した。配送業者はヤマトだ。ほかに大手フィギュア通販というとあみあみがあるが、配送業者は佐川である。夜間配達が18時〜21時と広い指定しか出来ず、19時に再配達の電話をしても当日は断られることが多々あったので、佐川は避けたい。あみあみに比べ、送料が150円ほど高いので、早く帰れる方はあみあみのほうが安く済むだろう。

余談になるが、あみあみは以前にかなり利用していた。商品確保能力は高いようだし(Amazonでは在庫確保失敗。いわゆるKonozamaが起きた)、サポートは手厚いので、好印象を持っている。しかし、佐川だけがいただけない。「高くてもいいから他の配送会社を利用させてくれ」と連絡したところ、「佐川は他社より配達所での取り置き期間が長い(2週間)ので、選択している。変更する予定は無い」とのことだった。確かに受け取り不可でフィギュアが送り返されてくると、倉庫の管理が大変だろう。納得できる回答だった。しかし、自分の要求とは相容れないので、残念ながら、利用はやめた。

CD・DVDについては、Amazonでも大きな問題はない。たいていメール便で送れるので、カトーレックになることは無い。問題はメール便で送れないサイズの初回限定版やBOXを買うときだ。いまのところ、そのような商品を買ったことがないが、おそらくカトーレックになる。移住先を探しているところだ。

家電については、予約してまで買うこともないし、メール便で送れるはずもないので、Amazonのままで問題なしである。

結局、Amazonで買うのは、家電か、発売済みの本だけになってしまいそうだ。本についても、BK1で買えばポイントがつく。Amazonプライムに加入して1年半経つが、次の更新をする必要はなさそうだ。Amazonが発送システムを改修し、予約商品はお急ぎ便で送るようにして欲しい。そうすれば、またAmazonに戻れる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする