アニメ版「とある魔術の禁書目録」 第05話

画像が多いので、興味がある方だけ、続きをどうぞ。


index_05_01.png

いきなり回想シーンからスタート。原作の内容を崩さず、スピーディにするためにこういう変更をしたのだと思われます。よく考えられているなぁ、と感心。

index_05_02.png

タイムリミットの12時までジタバタする上条さん。

index_05_03.png

インデックスとの思い出回想。思い出の台詞が「お腹いっぱい食べさせてくれると嬉しいな」だったのは噴いた。

index_05_04.png

小萌先生による脳医学のレクチャー。ようやく解決の糸口が掴めた上条くん。

index_05_05.png

「体のどこかに魔術を掛けているんじゃね?」ということであちこち触ってみる。下半身を見て赤面しております。彼が”ちょびっツ”の読者じゃなくて本当に良かったです。口の中に手を突っ込むのも十分怪しいですけどね。横から見た図も卑猥な感じ。

index_05_06.png

来た来た来たぁぁぁ!魔術を解除されたので、最後の仕掛けが発動。ヨハネのペンによる自動防衛です。原作1巻でも一番好きなシーンなので、ここがどのように表現されるのか、ずっとwktkしておりました。まだ1分程度しか出てきていませんが、良い感じですよ。

いよいよ次回で1巻終了です。とても楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする