アニメ版「とある魔術の禁書目録」 第01話

ついに始まりましたよ。チバテレビが全国最速の放送でした。千葉に住んでいて良かった!このためにHDDレコーダーも購入して準備はばっちりです。

”ダブ録”出来る機種なので、デジタル放送(視聴用)とアナログ放送(キャプチャ用)を同時録画しようと企んでいたのですが、アナログの方の録画失敗してしまいました。デジタルが失敗するという最悪の事態は避けられましたが、上条さんの不幸が伝染したのかもしれません。

まだ足掻いていますが(TS形式で録画したのをVR形式にダビング中)、とりあえず文章だけで感想を上げようと思います。

声優さんはドラマCDから変わっていませんでした。ドラマCDの出来がとても良かったので、一安心です。変な圧力が掛かってイメージに合わない人気声優さんになったりしなくて良かったです。そういう出会いはファンも人気声優さんも不幸になりますから、自重していただきたいところです。

アニメーション制作は「J.C.STAFF」さん。同じく電撃文庫原作の「灼眼のシャナ」をアニメ化された会社です。シャナはよく動いたので、今回も期待しておりました。第01話を見たところ、安心して見ることが出来そうです。良い会社さんに作ってもらえることになって、幸せです。

オープニングを見たところ、原作の1巻から3巻までをアニメでやるようです。1クール(12話〜13話)を3で割ると、1巻あたり4話なので、ちょうど良いペースだと思います。原作ファンの間では、扱いが悪いことで有名な2巻ヒロイン姫神もちゃんとOPで大きく扱われていたので、姫神ファンは一安心ですね。俺としては1巻の最後の戦闘が大好きなので、第04話あたりが一番楽しみです。

第01話本編の内容ですが、原作1巻序盤をきれいに再現しています。ここでキャプチャ画像があれば、色々と語れるんですが・・・、うう。一点だけ文句を言いたいのが、インデックスの服の壊れ方。あれじゃ安全ピンで再構築出来ないでしょう。縫製に使っていた糸が解けて、すとんと布が落ちる感じが良かったと思います。逆に素晴らしかったのは、インデックスのコミカルシーン。呆れたり、怒ったり、食べたり、慌てたりといろんな表情を見せてくれました。よく動くし、声優さんの演技も素晴らしかったです。こればかりは文字と挿絵の原作では楽しめない要素なので、アニメでうまく演出してくれていたのは嬉しい限りです。

第01話は戦闘らしい戦闘シーンが無かったので、戦闘シーンの評価は次回以降に持ち越しです。しかし、シャナのスタッフですし、大丈夫でしょう。大船に乗った気持ちで来週を待ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする