「RubyKaigi2008 1st Day」に参加しました

UStreamで中継されたり、ニコニコ動画にアップされたりするそうなので、講演内容の要約ではなく、感想の方が(些末な人間の文章とはいえ)価値があるのではないかと思うので、その方向で。

開場と同時に会場入り。意外と混んでいない印象。電源を確保しようとしたけど、最前列にしか見当たらず、ここは関係者席のはずなので自重。電源は諦めて2列目に座ったところ、斜め前にMatzが着席されました。やっぱり前列に限るなぁ、と思いました。後列は出入りがしやすかったり、(今回に限って言えば)座席に机が付いているので便利ではあるんですが、ライブ感を楽しむなら前列に限ると思います。

午前中は実装系のおはなし。YARV(CRuby、Ruby1.9)、JRuby、Rubiniusの実装者がお話してくれた。貴重ではあるのだろうけど、あまり興味のない分野。ただ、皆さん、頭の回転が速いなー、と感じることが行動の端々にあった。知識以上の実力差を感じます。

昼休みは90分もあったのだけど、午前中の延長とつくばの外食事情から開始ギリギリに会場に到着。しかし、前列に余裕で座れる。席の埋まり具合も5割程度だし、チケットを買ったけど来ない人とか、一部だけ参加の人が多いのかも。熱気は去年の方が上だなぁ、と感じました。

午後は基調講演からスタート。Matzいいよ、Matz。公演後にすぐ帰られるとのことでしたが、ちょっと寂しい。用事があるのか、それとも宗教上の理由とかなのかしら?(Matzはキリスト教信者らしい。Wikipedia情報なので真偽のほどは不明。日曜は休まなきゃいけないとか、教会に行かなきゃいけないとか、ありそうではあります) その後はM17Nのおはなし。正直、さっぱりわかりませんでした。

午後の第2セッションはRubyと教育のお話。「Ruby”で”教えている学校の先生」「Ruby”を”エンジニアに教えている講師」「同僚にRubyを教えてデスマーチを乗り切ったエンジニアさん」「Ruby認定試験を学習コースを行っている会社の方」。多種多様なスピーカーを集められたなぁ、という印象。特にデスマーチ話が最高でした。YuguiさんというRuby界隈では有名な方で、今月オライリーからRuby本も出されたというすごい方なのですが、話の内容も語り口もおもしろい。個人的には本日一番楽しめたセッションでした。

その後はライトニングトーク。多種多様な話題が楽しい。特にコードリーディングのお話がおもしろかったです。

懇親会は不参加。Ruby界隈で知り合いがいないので、どう考えても時間をもてあます。来年までに実績を作って「○○を作ったHajimepgでーす」と言えるようにするか、勉強会に参加して顔見知りを増やすか、どっちかを行わねば。つぅか、どっちもやりたい!

昨日と同じお店で夕飯をいただいて、この時期を書いております。来年もつくばでやらないかなー。お店、気に入っちゃったよ。会場もだけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする