「TUMI G4.4 26103」 購入

2,3泊用の旅行鞄が欲しいな、と思い、色々と検討したのですが、Tumiという会社の26103というスタイルのものを購入しました。

厚めのナイロン製で内部にハンドルが収納されており、底部についた2輪のローラーを転がして運べます。大きな駅や空港などでビジネスマンがよく持っているやつです。

鞄が欲しいなと思ったときに思い出したのがこの記事です。

最新ビジネスバッグはここが違う! – 日経トレンディネット

最初から直感でこの鞄が欲しいな、と思ったのですが、そこから1週間、直感が間違っていないことを裏付ける作業を行いました(笑) ネットと人脈を駆使してリサーチを行ったのですが、結局、TUMIに落ち着きました。

その後、ネットと店頭でスペックを確認しました。TUMIの購入方法は大きく分けて2つあり、直営店から買う方法と並行輸入品を買う方法があります。直営店から購入する場合、値段は高いのですが、5年間の修理保証が付き、最新のAlphaシリーズが購入可能です。並行輸入品を買う場合、直営店に比べると割安ですが、修理は有償となり、Alphaシリーズの購入は難しく、一つ前のジェネレーション4.4(G4.4)を買うことになります。Alphaシリーズは4月に出たばかりなので、まだ並行輸入品が出回っていないようなのです。あと、数ヶ月待てば状況は変わると思います。

上のことを理解するのにかなりの時間を費やしました。そうというのもTUMIでは26103というのはモデルナンバーではなく、スタイルという鞄の形を表しているだけだからなのです。同じ26103でもAlphaの26103と、G4.4の26103があるわけです。違う製品なら別な番号を振って欲しいものです。さらにTUMIは同一スタイルでもこっそりとマイナーチェンジをしたりするそうです。

その後は、差額と保証と機能差を天秤にかけて一晩悩みました。結局、新しいAlphaシリーズで導入された機能にあまり魅力を感じず、むしろ、デザイン的に悪くなっているように感じられたので、G4.4の並行輸入品を買うことにしました。AlphaシリーズというのはTUMI25周年記念モデルで、名前の通り、原点回帰がテーマだそうです。古いデザインだと感じたのは、それが理由だと思います。

購入店の選定はこれまでの作業に比べればあっさりと完了しました(笑) ネットショッピングは慣れたものですからね〜。 念のため、代金引換での注文にしましたが、心配も杞憂に終わり、注文から3日で無事に受け取りました。

唯一、不安だった「Eastern Shapeのインナーケースに入れたままのMacBook Proが入るのか?」も大丈夫だったことがわかり、ほっとしています。実際に使用するのは今週末のRubyKaigi2008からですので、使用レポートは後日アップします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする