BootCampインストール時の注意点

MacでWindowsを起動するためにAppleが提供しているソフトウェアBootCampをインストールしてみました。簡単に済むはずだったのですが、いくつかハマリポイントがあったので、メモとして残しておきます。

まずWindowsのファイルシステムフォーマットはFAT32とNTFSという2つがあります。FAT32は古くから使われてきた方式で制限も多いのですが、Macからも読み書きすることが出来ます。NTFSは高性能ですが、Macからは読み込みしか出来ません。FAT32の制限のうち、特に問題になるのが、「最大32GBしか使えない」というものです。この2つを両天秤にかけ、どちらかを選ぶことになります。

さらに自分の場合はFAT32を使用した場合、32GBではうまくいかず、31GBにしてようやくうまくいきました。ネットでそのような情報は見当たらなかったので、レアケースかと思いますが、一応メモしておきます。

2つめのハマリポイントは、「Windowsのインストーラにフォーマットさせる必要がある」ということです。Mac上でBootCampを使用し、ディスクを分割すると、WindowsのインストーラからはFAT32でフォーマットされたように見えます。しかし、このまま、これを利用するとインストールの途中でエラーになってしまいます。FAT32・NTFSのどちらの場合でもWindowsのインストーラでフォーマットする必要があります。その際、クイックフォーマットでも構いません。

以上2つのハマリポイントのおかげで、インストールに2時間もかかってしまいました。このメモがほかの方の参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする