Mosh 0.0.2をDebian Etch/GNU Linuxでコンパイルしてみた。

higeponさんが開発されていたScheme処理系の最初のバージョンが公開されたので、早速、コンパイルしてみました。(準備をしているうちにバージョンがあがってましたので、そちらに切り替えました。)

Scheme 処理系 「Mosh 0.0.1」 をリリースしました – ひげぽん OSとか作っちゃうかMona-

Gaucheのインストール

Moshはコンパイルの際のツールとして、Gaucheを使います。インストール手順は以下の記事を参考にしてください。
Studio H.F.F.:オライリー 「プログラミング Gauche」を読んでいます その1

Moshのインストール

作者のhigeponさんもDebian使いなので、あっさりと終わってしまった。

wget http://mosh-scheme.googlecode.com/files/mosh-0.0.2.tar.gz
tar xzvf mosh-0.0.2.tar.gz
cd mosh-0.0.2
./configure
make
make check
sudo make install


$ mosh -V
Mosh R6RS scheme interpreter, version 0.0.2


$ mosh -t
(中略)
passed.

さて・・・

簡単なサンプルで動作確認でもしたいところだけど、Schemeの構文を忘れている。

環境はこんなかんじ。(Debian Etch/Kernel 2-6-18-5-686)

$ gcc -v
Using built-in specs.
Target: i486-linux-gnu
Configured with: ../src/configure -v --enable-languages=c,c++,fortran,objc,obj-c++,treelang --prefix=/usr --enable-shared --with-system-zlib --libexecdir=/usr/lib --without-included-gettext --enable-threads=posix --enable-nls --program-suffix=-4.1 --enable-__cxa_atexit --enable-clocale=gnu --enable-libstdcxx-debug --enable-mpfr --with-tune=i686 --enable-checking=release i486-linux-gnu
Thread model: posix
gcc version 4.1.2 20061115 (prerelease) (Debian 4.1.1-21)
$ gosh -V
Gauche scheme interpreter, version 0.8.13 [utf-8,pthreads]

思い出しつつ、四則演算だけでも試してみた。対話型インタープリタはまだないとのことなので、test.scmというファイルを作った。

$ cat test.scm
(print (+ 1 1))
(print (- 1 1))
(print (* 2 3))
(print (/ 2 1))
$ mosh test.scm
2
06
Error:
unbound variable / on top level

ありゃ、除算演算子がない?

$ gosh test.scm
2
06
2

Gaucheでは実行出来るので、Moshではまだ未実装なだけっぽい。

もっと突っ込んで色々と試してバグ出し出来るといいんですが、知識不足なり。この辺でいったん終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする