成毛 眞 「本は10冊同時に読め!」 読了

元マイクロソフト社長の読書術の本。

難易度の高い読書術かと思ったら、リビングやトイレ、会社の机などに本を数冊ずつ置いておき、その場所にいるときはそこにある本を読め、という趣旨でした。既にやってた、いやっほう。

あとは、本のコストパフォーマンスの良さ(勝間本と似ている)や成毛さんの若い頃やった無茶話などが書いてあり、とてもおもしろい一冊でした。

成毛さんが社長就任時に、君主論のマネをしたせいで、クビになった元上司だけはかわいそうに思えた。君主論の前後の文脈がわかれば納得出来るのかも知れないので、今度読む。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする