ルーシー・ジョー・パラディーノ著 森田 久美訳 「最強の集中術」 読了

「行っている作業によって適切な刺激レベルは異なる」「自分の現在の刺激レベルを意識し、必要に応じて増減させることが必要」という内容。

自分は音楽による刺激レベルの増減がとても大きいんだけど、職場だとヘッドフォンを装備するわけにもいかないから、困りもの。音楽を聴いても良い職場、もしくは、特例的に許可してもらえるだけの希有な才能を手に入れられるように頑張る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする