ジョゼフ・ミケーリ著 月沢李歌子訳 「スターバックス 5つの成功法則と「グリーンエプロンブック」の精神」 読了

読書やプログラミングでスターバックスを利用したのですが、快適な空間にビックリしました。どうやら同業他社とは一線を画した経営方針のご様子。気になったので、買ってみたのがこの本。
途中までは「ほぅほぅほぅ、それは素晴らしい」「なんとも良い話」と楽しく読めたのですが、「いくらなんでも繰り返しすぎだろ」と思ってしまうほどのエピソード例が載っていました。よって、後半は斜め読みになってしまいました。
日本はスターバックス標準から見るとまだまだパートナー(同社は店員をこう呼びます)もお客さんも遠慮しすぎなんだそうです。本国はもっと快適なのかよ、と思うと、行ってみたくなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする