小山 龍介 「STUDY HACKS!」 読了

HACKS!シリーズは未読だったのですが、なんとなく購入したこの本が大当たり。慌てて「IDEA HACKS!」「TIME HACKS!」も購入しました。(「PLANNING HACKS!は筆者が違うので保留)

筆者の小山 龍介さんは1975年生まれ。京都大学を卒業された後、大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード経営大学院でMBAを取得。現在は松竹株式会社でプロデューサーとして働かれています。

HACKというのは、ちょっとの工夫で作業の効率を大幅に改善させる行為を言います。元々はエンジニアが使っていた言葉で、HACKが得意な人をHACKER(ハッカー)と言い、尊敬を集めています。

そんなわけで、この本も大きな幹があるわけではなく、細かいテクニックがたくさん(およそ90)載っています。知っているものもあれば、実践しているものもありますが、中には「この発想はなかった!」もあります。そのような自分にとって有用なHACKがいくつ見つかるかで、この手の本の価値は決まるわけです。

自分にとってですが、「シータ波を出すために緊張する場所に身を置く」「本に集中するためにスポット照明にする」あたりが大ヒット。

「自宅だと集中出来ないんだよね」というのは一種の甘えだと否定的に捉えていたのですが、喫茶店やファミレスなどの自宅ほどくつろげない場所ではシータ波が出ているということで、ちゃんと理由があったのだと納得出来ました。

スポット照明は本以外の場所を暗くすることにより、それらのものが意識を向けにくくするというもの。自宅で勉強する際に一番良い椅子があるのが書斎なのですが、ここにはPCや他の本もあるので、集中しにくかったのです。部屋の全体照明を消して、デスくランプだけにしたら、以前より集中出来ている気がします。

他にもBGMや香りなどの知らなかった知識も載っており、こちらもいずれ役に立ちそうです。大満足の一冊でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする