坂口 孝則 「牛丼一杯の儲けは9円」 読了

仕入部門の努力のお話。
俺は高校生の頃に海外製のゲームをやっていたのですが、日本の正規代理店の中間搾取っぷりに驚き、インターネットを使って個人輸入をしていました。今のようにSSLで保護されたフォームにカード情報を入力すれば終わりという時代ではなく、小切手を送るとか、クレジットカード番号をFAXするとか、そんな時代でした。
そんなわけで、特に新しい発見はなかったですが、普通の人が読むならおもしろい事実がいっぱいあると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする