ヒロユキ 「ドージンワーク」 完結

最新刊が発売されたので、買ってみたら最終刊でした。コミックス派なので、ビックリしました。終わってしまうのは残念ですけど、キャラの魅力は引き出しきっていますし、ダラダラと長く続けるよりはちょっと物足りないぐらいで完結させられる作者の方が好きです。

最初の頃は主人公より先に同人界にいた友人たちの濃いキャラが目立ちましたが、中盤からは同時期に入”界”した仲間たちが増え、最後は主人公が巣立っていく。改めて俯瞰しますと、非常にオーソドックスで王道的な構成だったことに気づきました。

筆者のヒロユキさん自身も同人界から商業誌界に入ってきたこともあり、この最終刊での主人公が商業誌を意識していくステップの心理描写は非常に良く描かれていると思います。一大決心して、ではなく、「あー、そういうのもありか」と気づかされるのがいいです。

本編は完結ですが、この後に番外編が続くそうです。最終刊がまじめだったこともあり、番外編でのはっちゃけっぷりにはかなり期待しております。裏切られることもあり得ないと確信もしております。

まずはひとまず。お疲れ様でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする