最近の悩み事 その2 手帳術

続いて、その2。
今まで手帳というものを使ってこなかったのです。
平日は会社と家を往復しているだけで、お客さんのところに向かう予定もありませんし、土日もせいぜい友達と飲み会があるぐらいなので。
しかし、勝間本で「他人と会う予定だけでなく、自分のやりたいこともスケジュールとして手帳に書く」という方法を学びました。たとえば、「水曜の21時から23時までは○○という本を読む」などです。
これはありだな、と思いました。
グーグルカレンダーでやろうかとも思ったのですが、丁度「ほぼ日刊イトイ新聞」のオリジナル手帳の春バージョンが発売されたという記事を見かけました。ここの手帳の評判はたびたび聞いていたので、試しに買ってみることにしました。
最近、なめし皮の持ち物が増えているので、手帳も揃えようかとも思ったのですが、ナイロン製に比べると+7000円というお値段。ちゃんとした革製品ならこのぐらいするのはわかるのですが、途中で投げ出す可能性が高い手帳にはちょっとリスクが高い。高い手帳を買ったのだからちゃんと活用しなきゃという不要なプレッシャーを感じるのもイヤなので、通常モデルにしました。
手帳は3日〜7日ほどで発送されるとのことなので、これでオッケーなのですが、手帳術に対する知識をもっと集めたいのです。
Amazonで「手帳」で検索したところ、山ほど結果が出てきました。星5つのものだけでもかなりの数があります。
知りたいのは2つでして

  • 手帳術のバイブルとなっている本
  • 勝間本にあった「他人と会う予定だけでなく、自分のやりたいこともスケジュールとして手帳に書く」のように新たな視点を与えてくれる本

です。
時間を見つけて、AmazonやGoogleと戯れておりますが、いまいちピンと来ない状態です。こちらもアドバイスなどありましたら、是非コメントをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする