「キャノン先生トばしすぎ」 読了

あまり好みの絵柄ではなかったのですが、あちこちでよい評判を聞くので、読んでみたところ、とてもおもしろい作品でした。

主人公とその彼女は二人ともエロ漫画家ですが、主人公は評価はされているのですが遅筆で年1回しか原稿を上げられず貧乏の三十路男。対して彼女は、デビュー1年ですが初単行本が30万部も売れた売れっ子漫画家で、しかも現役小学生。そんな二人がアシスタントの関係から(あっという間に)恋人になり、さらにはエロ漫画家としてぶつかり合っていくお話です。

序盤こそ上質な変態性癖エロマンガですが(ほめ言葉)、中盤以降は凡人である主人公の「なりたい自分に成れない苦悩」と彼女の「一流の”プロ”としてのプライド」がぶつかりあい、バキやハチワンダイバーにも劣らない熱い魂のぶつかり合いになります。

「エロ抜きでもおもしろい」とは言えません。この作品は世間から冷たい視線を受けてもなお、自分の「好き」である「エロ」を貫く漫画なのです。性的にも心理的にも青年向けに相応しい作品です。

キャノン先生トばしすぎ (OKS COMIX)
ャノン先生トばしすぎ (OKS COMIX)
  • 発売元: オークス
  • レーベル: オークス
  • スタジオ: オークス
  • メーカー: オークス
  • 価格: ¥ 1,200
  • 発売日: 2008/01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする