Debian etch Rails環境構築メモ

はじめに

Mac mini(intel)にDebian etchをインストールし、Rails環境を構築した際の作業メモです。Debian etchは最小構成でインストールしています。

各作業は一般ユーザでログインした状態で開始した場合のコマンドです。

Mac依存箇所はありませんので、Rails環境構築の際、参考にしてください。

SSHのインストール

su -
apt-get install ssh
cp /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.default
awk ' { if ($0 ~ /PermitRootLogin/ ) { print "PermitRootLogin no" } else { print $0 } } ' /etc/ssh/sshd_config.default > /etc/ssh/sshd_config
/etc/init.d/ssh restart

rootによるログインを不可に変更しています。参考URLではviを使用していますが、今後、自動インストールに対応させたいので、コマンドラインで実行しています。awkが最適な方法なのかは自信がありません。冗長すぎる感じがします。
参考URL:SSHの導入 – Debian(etch)|窓の便利帳

zshのインストール

su -
apt-get install zsh

以前(sarge)は4.2.5。etchは4.3.2

sudoのインストール

su -
apt-get install sudo
echo -e 'hajime\tALL=(ALL) ALL' >> /etc/sudoers

本当はvisudoで編集したほうが安全です。

開発ツールのインストール

sudo apt-get install gcc g++ make zlib1g-dev libreadline5-dev openssl libssl0.9.7 libssl-dev

Subversionのインストール

以前(野良コンパイル)で1.4.3。etchは1.4.2dfsg1-2。バージョンが下がるのは悪影響が出かねないので、野良コンパイル。
参考URL:Studio H.F.F.:Subversion 1.4.3 install

wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.4.3.tar.gz
wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-deps-1.4.3.tar.gz
tar xzvf subversion-1.4.3.tar.gz
tar xzvf subversion-deps-1.4.3.tar.gz
cd subversion-1.4.3
./configure --without-berkeley-db
make
sudo make install

Rubyのインストール

以前(野良コンパイル)は1.8.6-p36。etchは1.8.2-1。最新の1.8.6-p111を野良コンパイル。
参考URL:Studio H.F.F.:Ruby 1.8.6 / RubyGems 0.9.2 インストール

wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.6-p111.tar.gz
tar xzvf ruby-1.8.6-p111.tar.gz
cd ruby-1.8.6-p111
./configure
make
make test
sudo make install

RubyGemsのインストール

参考URL:Studio H.F.F.:Ruby 1.8.6 / RubyGems 0.9.2 インストール
今回は0.9.4をインストール。Rails2.0からこのバージョン以上が必須になったらしいので。
0.9.5からはsetup.rbの仕様が変わるので注意(ハマりにハマった)

# 環境変数を使うので、sudoではなくsuで実行
su -
# ruby setup.rb installでGEM_HOME環境変数を使用する
# 設定していない場合、sourcesという必須gemがインストールされない(ハマった)
# gemをインストールする際に設定する必要があるので、rootの.profileに書いておくと楽
export GEM_HOME=/usr/local/rubygems
mkdir $GEM_HOME
wget http://rubyforge.org/frs/download.php/20989/rubygems-0.9.4.tgz
tar xzvf rubygems-0.9.4.tgz
cd rubygems-0.9.4
ruby setup.rb config
ruby setup.rb setup
# インストール先ディレクトリの確認
ruby setup.rb show
ruby setup.rb install

vimのインストール

7.1系が出ていたけど、コンパイル実績のある7.0系にしました。
今回はSubversionからソースを取得。最新の7.0系安定版パッチ243を使用。
参考URL:Studio H.F.F.:Vim 7.0 install

svn co http://vim.svn.sourceforge.net/svnroot/vim/tags/vim7.0.243/
cd vim7.0.243
./configure --enable-multibyte --enable-xim --enable-fontset --without-x --enable-rubyinterp --with-features=big
make
sudo make install

rails.vimのインストール

vimでRailsを編集する際の支援プラグインをインストール。
参考URL:Studio H.F.F.:rails.vim install

svn co http://svn.tpope.net/rails/vim/railsvim
cd railsvim
mkdir ~/.vim
cp -pr plugin doc autoload ~/.vim

MySQLのインストール

参考URL:Studio H.F.F.:MySQL 4.1 install

sudo apt-get install mysql-server-4.1

lighttpdのインストール

sudo apt-get install lighttpd

Railsのインストール

su -
#環境変数を設定していないなら下の1行を実行
export GEM_HOME=/usr/local/rubygems
gem install rails --version 1.2.3 --remote --include-dependencies

Capistranoのインストール

参考URL:Studio H.F.F.:Capistrano 2.1 利用法

su -
#環境変数を設定していないなら下の1行を実行
export GEM_HOME=/usr/local/rubygems
gem install capistrano --include-dependencies

Mongrelのインストール

バージョンは開発と同じ。mongrel=1.0.1、fastthread=1.0。

su -
#環境変数を設定していないなら下の1行を実行
export GEM_HOME=/usr/local/rubygems
gem install mongrel --version 1.0.1 --remote --include-dependencies

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする