ApertureをTigerからLeopardに移行してみた

うちはファイルの実体(RAWファイル)をNASに置いておき、Apertureはそれを参照していたのですが、Leopardに移行したところ、参照できなくなる問題が発生しました。NASはHDL-GT1.0です。
TigerではNASに接続するとデスクトップ上に”DISK1″という名前でアイコンが表示されたのですが、Leopardではされなくなりました。これはFinderの標準設定が変わったからだそうで、環境設定から”デスクトップに表示する項目”の”接続しているサーバ”をチェックすると改善します。
続いては接続した名前が”disk1″になってしまいました。大文字小文字の違いです。OS XはUNIXベースなので別ファイルとして扱います。Windowsからは小文字で見えていましたから、挙動は改善していると言えますが、自分にとっては問題です。
色々と手探りでいじってみたところ、修正方法を発見。プロジェクトツリーのルートを選択して、”ファイル”→”参照ファイルを管理”で、画面上で”DISK1″のファイルを選択し、画面下で”disk1″の同じファイルを選択し、”すべてを再接続”を押す。これでうまくいきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする