Mac Pro購入

11月12日に新型Mac Proが発売されなかったので、ついかっとなって買った。2chで購入報告したら「今買うのはバカ」と叩かれたが、後悔はしていない。
購入したのはBTOなしの基本モデルです。普通に買うと32万するんですが、仕事で登録している組合を経由すると29.5万で買えました。純正メモリは高いけど、ヒートシンクが薄いメモリも不安なので、間を取って純正メモリと同じヒートシンクを使っているメモリを秋葉館で購入。2GB×2枚で4万円。総額33.5万円のお買い物になりました。
購入目的は

  • ApertureがMac miniだと重すぎる
  • Leopard楽しそう

です。
早速Apertureを使ってみたのですが、Mac miniとは異次元の快適さです。Mac miniでも画像の選択・現像などは不便がなかったんですが、傾き修正とズーム機能がすごく重かったのです。しょうがないので、傾き修正はマウスを使わずに数値入力で数回リトライしてました。ズームは数秒は待たされる覚悟で使う。Mac Proになってからは、どちらも非常に快適に。この二つの機能はAppleらしさがとてもでていて、”操作性を直感的にするためにCPUリソースを使う”ものだったことが理解出来ました。傾き修正は画像中央を画鋲で留めた写真を一本指で動かすようなインターフェイスだとわかりました。画鋲付近を指で触るとちょっと動かしただけでも角度が大きな動きになる。端っこを触ると半径が大きくなるので微調整がしやすい。なるほど、これは使いやすい。
写真のプロでもないのに、そんなに投資してどうするんだと思ったりもしますが、久々にコンピュータ購入で”驚きと感動”が得られました。PC-98のころ、買い替えるたびに劇的に体感速度が早くなっていたあの感覚です。そんなわけで精神的満足度が高いので、良い買い物だったんじゃないかと思っています。
来年1月に新型が出ると思うので、賢くはないんですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする