NHK寄りの自分だが、これは無いわ

 NHKは15日、放送法に定められた受信契約を結んでいない事業所に対し、受信料特別対策センター名で契約締結を求める文書を今週末に送付することを明らかにした。全国に約1000万件といわれる未契約世帯・事業所への民事訴訟に向けた準備が事実上スタートした。

 今回対象となるのは都内23区内の事業所数件。NHKでは「訪問や電話で再三の交渉を持ちかけたものの責任者にも会えず、これ以上の進展が望めない事業所を選んだ。慎重に手続きを進めるために件数を絞った」と説明。文書の送付後も引き続き交渉を進め、一定期間を経過しても進展がない場合は提訴する方針を伝える。それでも相手が応じない場合、契約の締結と受信料の支払いを求めて民事訴訟を起こす。

 NHKでは現在、首都圏や大阪などで受信料不払い者への督促を進めているが「未契約者が放置されているのは不公平」とする声が強く、受信料公平負担の側面から早急な対策が望まれていた。

 受信契約については、憲法の「契約自由の原則」に反するとの指摘もあるが、NHKでは「テレビを買う買わないは視聴者の自由であり、あえてテレビを買ったという点で契約の自由には抵触しないと考えている」としている。

自分はNHKを見ているし、受信料も払っているし、払うことに不満もないんだけど、これはひどい対応だと思ったので、いつもは扱わない社会記事ですが、エントリを投稿することにした。

すでに2ちゃんねるでもこの発言は祭になっているようで

  • TVを買うときに「購入するとNHKの受信料を払わなくてはいけなくなりますが、良いですか?」と確認されていない
  • 自分がTVを購入したのは、ゲームやパソコンのためで、TVのケーブルも繋いでいないのだけど

という感じでした。まったく同意見です。

NHKって金に汚いイメージがあります。営利企業である民法TV局ならある程度仕方ないとは思いますが、公共放送なのにこんなに金のことばかり言って・・・。国民の「公共放送にはこうあって欲しい」というイメージの逆になってるんですよね。

仮に民事訴訟になっても、NHKが敗訴すると思いますが、訴えられた時点でビビって支払ってしまい、NHKの不戦勝になる可能性も高いです。運悪く訴えられた人は、腹を据えて裁判で争って欲しいなぁ、と思いますが、本人には言えないよなー。

余談なんですが、海外で放送されたドキュメンタリーに日本語ナレーションをつけてNHKで放送してますよね。海外から仕入れるだけあって面白い内容なので、DVDを買うこともあるんですが、海外版が2000円程度で買えるのに対し、ナレーションが付いただけのNHK版は6000円ぐらいするんですよ。ナレーションでぼったくり過ぎだろうというのもありますが、そもそも番組を買う費用も、ナレーションをつける費用も、自分らの支払った受信料から出ているわけです。既に払っているものにもう1回お金を取られている感じがします。実費だけで売ってくださいよ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする