Windows PowerShell宣言 読了

PowerShell自体の解説は別エントリに譲るとして(現在、執筆中)、本の感想を。
PowerShellとはMicrosoftがWindows XP/Vista向けに提供したばかりの最新のシェルプログラミング環境である。WindowsScriptingHostでは出来なかったプロンプトによる対話実行や、.net frameworkとの親和性の高さ、出力がオブジェクトであるなど、今までのMicrosoft製シェルに比べるとプログラマの琴線をくすぐる機能が増えている。
この本は日本語では初のPowerShellの解説本である。
前半はPowerShellの基本設計・構文などをさっと流し、よく使う構文を詳しく解説し、後半は実用的なスクリプトを多数載せている。
前半を読むには、何らかのプログラム言語を一通り理解している下地が必要。「PowerShellでは変数はこうやって作ります」という書き方で「変数というのは・・・」のレベルからはスタートしていない。
それを考慮してもちょっと駆け足が速すぎる。たとえばfor文については、構文解説すらない。言語によってわずかに差異がある部分なので、しっかり載せて欲しかった。
索引も作り込まれておらず、10ページ以上も解説している「レジストリ」が載っていなかったり、基本構文の「for文」が載っていなかったりする。
残念ながら言語リファレンスとして使えなさそうだ。
しかし、PowerShellはシステム管理言語としての側面が強く、UNIXのプログラマブルなシェルやPerl、Rubyなどのスクリプト言語と違ってアプリケーションを作るようなものではない。後半の実例は小さなスクリプトや、システム管理スクリプトを作る際には有用なサンプルが多数載っている。レシピブックとしては使える本だと思う。
しかし、新しいスクリプト言語の記念すべき最初の本であるのだから、「これ1冊あれば何でもわかる」という本を目指して欲しかった。

Windows PowerShell宣言!
Windows PowerShell宣言!
  • 発売元: ソフトバンク クリエイティブ
  • レーベル: ソフトバンク クリエイティブ
  • スタジオ: ソフトバンク クリエイティブ
  • メーカー: ソフトバンク クリエイティブ
  • 価格: ¥ 2,520
  • 発売日: 2007/03/28
  • 売上ランキング: 5108

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする