Subversion 1.4.3 install

すでにApache+Subversionで構築したサーバあるので、Debianからはクライアントで繋ぐだけ。でも、せっかくだから、サーバも設定しておこうかな、と思ったのがトラブルの始まり。
BarkeleyDBが必要とのことなので入れてみる。

# wget http://download.oracle.com/berkeley-db/db-4.3.29.tar.gz
# tar xzvf db-4.3.29.tar.gz
# cd db-4.3.29/build_unix
# ../dist/configure
# make
# make install

Subversionのインストール

# wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.4.3.tar.gz
# wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-deps-1.4.3.tar.gz
# tar xzvf subversion-1.4.3.tar.gz
# tar xzvf subversion-deps-1.4.3.tar.gz
# cd subversion-1.4.3
# ./configure --with-berkeley-db=/usr/local/BerkeleyDB.4.3
# make
# make install

configureが通らず! BarkeleyDBのパスを指定しているのに見つからないと言われる・・・。
結局数時間挑んでもダメなのであきらめ。クライアントだけならBarkeleyDBは要らないらしい。

# wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.4.3.tar.gz
# wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-deps-1.4.3.tar.gz
# tar xzvf subversion-1.4.3.tar.gz
# tar xzvf subversion-deps-1.4.3.tar.gz
# cd subversion-1.4.3
# ./configure --without-berkeley-db
# make
# make install

無事インストール完了。

# svn --version --quiet
1.4.3

色々インストールしたので、バックアップしておいたVMwareのイメージを戻してクリーンインストール。仮想OSのこういう点は便利すぎます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする