スピードライト SB-600、購入

夜にアキバの路上ライヴを撮影してますと、明らかに光量不足でして。現場は結構楽しい雰囲気なのに、これじゃ怪しい集会みたいに見えちゃう!!と感じていたのです。
対策としましては、

  • 明るいレンズを買う
  • スピードライト(ストロボですな)を買う

しか浮かばなかった。
ここで半年経過。
・・・いい加減、買おう。
というわけで、ヨドバシカメラへ。
明るいレンズといえば、単焦点。一眼レフの良さはレンズを取り替えることによって、全然違う写真が撮れる点にあるわけで、いずれはいろんなレンズを一通り保有したいと思ってます。プロ用の高いやつを買うより、安くても全種類持ってる、みたいになりたい。

  • 明るい単焦点
  • 望遠
  • 魚眼
  • 接写(マイクロ)

今持っているのが標準ズームレンズ18-70mmでライヴ撮影の際に倍率不足を感じてもいたので、それより上のが欲しい。85mm、105mmあたり。純正の105mmはマイクロであり、手ブレ補正が付いてるんで、10万とお高い。ここは4万で買える85mm F1.8でしょ!!と先日までは思っていたんですが、「105mm買えば、接写出来るから、フィギュアの撮影にも使えるよー。70mmと85mmじゃ近すぎるから、105mmぐらいの方がいいっしょ」とか思ったり、「いや、105mmはF2.8じゃないか。明るいレンズとは言えないぞ」とか思ったり。
結論でないので保留。とりあえず一晩待て。

スピードライトの方は、SB-400、600、800とあるんですが、中庸大好きっ子としてはあまり悩まずSB-600を購入。それ以前に400は軽量級用、800は旧機種用に作られている印象。600と800の差はコマンダー機能の有無なのですが、D200本体に2部隊(グループ)指揮出来る司令官(コマンダー)があるので、あまり必要を感じず。一応、800は3部隊支持可能なので、司令官としての性能は上なのです。D70の場合、1部隊しか指揮出来ないので、800を買っておいた方がいいかもー?という気がします。よって旧機種用。
というわけで、SB-600を購入。ポイント考慮で26kでした。

帰宅後、早速試し撮りをしてみたのですが、これはカメラの楽しみが広がりますね。内蔵ストロボより性能が高いものが欲しくて購入したわけですが、リモートストロボが楽しい。正面から光るしか出来なかった内蔵ストロボに追加して、配置自由なストロボが一機追加されたわけです。例えるならドラクエ1と2の差。全員で攻撃してもよし、サマルを補助に回してもよし。色々考えることが出来ます。撮っては確認、撮っては確認を繰り返してうちに数時間経過。これはやばいかもわからんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする