ツンデレTV

タカラトミー、世界初の“ツンデレ”ワンセグテレビ

 株式会社タカラトミーは、23日に開催したメーカー合同の新春商談会「TOYフォーラム2007」において、世界初の「ツンデレ ナビゲーションモード」を備えた、ポータブル・ワンセグテレビ「SEGNITY」(セグニティ)を発表した。
 3インチのTFT液晶ディスプレイを備えたワンセグテレビ。液晶解像度は320×240ドット(QVGA)。9月の発売を予定しており、価格は20,790円を予定。「税抜きで19,800円なので、実売は2万円を切ることを考えている」という。
 最大の特徴は、音声ガイダンスによる“ツンデレ”ナビゲーションモードを搭載したこと。ツンデレとは、ツンツンした(勝ち気な)性格ながら、好きな人の前になるとデレデレになってしまうというギャップを持った女の子のキャラクターを形容する言葉だが、SEGNITYでも購入当初、チャンネルボタンなどを操作すると女性の声で「チャンネル変える気ぃ!?」や、輝度を上げると「まぶしいんだけど」と、ツンツンした対応。
 しかし、使い込んで仲良くなると「ええーっ、帰っちゃうの?」(電源OFF)、「チャンネル変えるね」、「明るくしまーす」(輝度向上)など、デレデレな応対になる。同社では「ツンデレナビゲーションは世界初だと考えているが、使い込んでいくとフレンドリーに変化していくナビゲーションも初だろう」としている。

こ、これは・・・。
ワンセグTVって売れ筋商品だと思っていたのですが、もう変化球を投げてくるタカラトミー。そこにしびれる、あこがれるぅ!!
さて、これ、結構売れるんじゃないかと思います。ワンセグTVを欲しい人は多いかと思いますし、価格も他の製品と変わらないぐらい。概観もオタアイテムだとばれるものでもないですし。どうせ買うなら飲み会の場で笑いも取れるこれもありかな、と思います。
肝心のツンデレ機能部分がどれだけ充実しているのか気になるところです。まず大事なのはどの声優さんを使うのか。タカラトミーはハルヒフィギュアを出す予定もあるので、平野綾さんが本命かな、と思います。昨年のツンデレ声優を考慮しますと、シャナとルイズを演じた釘宮理恵さんは外せないかと。あとは企画担当者がツンデレを正しく理解していることを祈るばかりです。女性週刊誌のツンデレ特集では「みんなと一緒にいるときはツンツンしてるけど、二人きりになるとデレデレになる」と紹介されてましたが、「それはツンデレではない」ですから。スクランとシャナとゼロ魔を読んでから出直して来いと。
個人的に出て欲しいのは、美味しんぼの海原先生バージョンなんですがね。「ふっ、シロウのやつめ・・・」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする